良いものこそどんどん使おう!

家男の掃除・片付けをしていると、思わぬところから思わるモノがひょっこり出てきたりします。

 

遠い昔に買ってすっかり忘れてしまい込んでいたもの・・・・・・買ったきり一度も使わずにいるようなもの・・・・・・が続々出てきたりします。

 

実際、自分が持っている中で一番良い服、食器類、電化製品などをほとんど使わないまま一生を終えてしまう人が世の中にはたくさんいる・・・と言われているそうです。

 

ある意味では一種の贅沢と言えそうです。

 

何とももったいない話です。

 

すばらしい品を数々持っているのに使わず終いで死んでいくと、それらはいったん相続対象となって相続人たちが処分を検討しなければいけなくなります。

 

破棄であればまあ簡単なのですが、その遺産品を誰が受け取るか(相続するか)で親族が大喧嘩にでもなったら何とも悲しいことです(特に未使用のブランド品など)。

 

すばらしい品々は自分が生きている間にちゃんと使って楽しむことが大事だと思います。

 

家にいるときは一番上等のものではなく一番どうでもよい服を着てしまう・・・という習慣を持つ人は多いと思います。

 

この習慣は子どものころの親の習慣に学んだ/躾けられたことに寄るものです。

 

自分にとって一番大切なのは誰なのか?

→ 自分自身のハズです。

 

ステキな服はクローゼットの中にしまっておかず、流行遅れにならないうちにどんどん着るほうがベターです。

 

そのために持っているのですから。

 

小さなことが大きな違いとなって、やがて世界を(世間を)見る目が変わっていきます。

 

「良いものは特別な日にしか使わない」と言っていると、結局その「特別な日」は訪れず終い・・・というパターンはよくある話です。

 

仮に訪れたとしても、数年に1回程度・・・では自分の生涯で使う(楽しめる)のはたったの数日限り・・・となりかねません。

 

人生は生きる道程で楽しむべきです。

 

せっかく持っているお宝も、陽の目を見なければ意味がありません。

 

別の視点でもっと突っ込んだ言い方をすると、お金もせっかく持っているのに使わなけば意味がない」です。

 

多額のお金を保有しているけど、毎日通帳を眺めているだけで結局使おうとしないまま死んでいく・・・というパターンでは宝の持ち腐れです。

 

それこそ、遺産相続での揉め事に発展しかねません。

 

お金であれ、お金を使って購入した一流品であれ、自分にとって大切な品々は「持っているだけ」で終わらせないで「使って楽しむ」というレベルに昇華させることが大切です。

 

今日からは自分が持っているすばらしい品々をもっと頻繁に利用して、今まで以上に幸せな気分を味わえるように意識を変えてみると良いと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2019-4-2

    企業を選ぶ際の「生きがいと働きがい」

    今の時期、大学新4年生は翌年の就職に向けて企業の会社説明会に数多く参加します。 それぞれの企業…
  2. 2018-1-4

    1億円のイメージを具現化してみる

    多くのサラリーマンアは、今より給料がアップして年収が増えたらいいなあ・・・と思っています。 そ…
  3. 2020-12-16

    自分の手持ち現金・資産は確実に増えているのだろうか?

    人は成人してお金を自分の力で得るようになります。 ビジネスを行なってゼロか…
  4. 2021-5-19

    【クイズ】高級羽毛布団はどうやって売れるようになったのか?

    あるお店での実話です。 そのお店の店頭では2種類の価格設定で羽毛布団が売られていたそうです。 …
  5. 2019-8-19

    「お金持ちは悪いヤツ」という洗脳?

    日本人はどちらかというと「お金=汚いもの、お金持ち=悪人」・・・といったイメージを持つ人が多いとよく…
  6. 2019-10-27

    経済破綻しないためのコツ=収入の範囲内で生活

    サラリーマン家計が破綻しないための最大のコツは「その月の収入の範囲内でその月の生活をする/支払いをす…
  7. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…
  8. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  9. 2018-1-22

    「最初の1か月は1%の高利息が付きます」の意味

    今の時代は銀行の普通預金に預けても利息が0.001%程度・・・、定期預金に預けても大手銀行で0.01…
  10. 2018-8-3

    トイレのハンドドライヤーとビジネスチャンス

    最近思うのは、どこのトイレに行っても紙タオルを置いているところは減ってきていて、むしろハンドドライヤ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る