一生コツコツと働き続けますか?

数年前から政府も副業・兼業を事実上認め始め、今では大企業も含めて副業を解禁する会社が増えてきました。

 

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の発令などもそうしたことに拍車をかけ、一気に世の中は変化したように思えます。

 

これまでの常識が通用しない新たな世界に人々は放り込まれた感があり、そうした環境の変化に戸惑い、不安になる人も多いと思います。

 

今までのようにただ会社に勤めているだけでは何かあった時に経済的観点で自分自身や家族を守れなくなる恐れはやはり否定できません。

 

大企業に就職したからと言って一生安泰な時代ではなくなりました。

 

家計の経済的破綻リスクを少しでも回避できるよう、会社の給料以外の収入口を見つけたい/手に入れたい、と考えている人は多いと思います。

 

ただ、40代で新たなことを始めるのは、住宅ローンもあるし、家族もいるし、何となく怖い・・・という人も多いと思います。

 

また、副業としてアルバイトをしようとしてももう50代で(年齢制限などで)なかなか雇ってもらえない・・・という人もいると思います。

 

多くの人が頭では「何とかしなければ!」と思っているけど、実際の次の一歩を踏み出せずにいます。

 

そこで一歩を踏み出していく人と差は、最初は小さな差ですが、どんどん大きな差に広がっていきます。

 

・・・・・・・・・・

早く「経済的自由を手に入れる」ことを実現しましょう!

 

経済的自由のすばらしいところは、人生においてその後の選択肢が無限に増えていくことです。

 

経済的な自由だけにとどまらず、時間的自由行動的自由を手に入れられます。

 

あとは働いてもいいし働かなくてもいいのです。

その選択肢があるだけで、無量大数級の価値があるはずです。

 

それくらい経済的自由とはすばらしい世界です。

 

サラリーマンが定年退職をした後に、退職金を含めてもまとまった資産がほとんどなく、それでいて年金の支給額だけでは十分な生活を送れない・・・と嘆くパターンに陥る人がいます。

 

そうなったときに取るべき選択肢は一つです。

 

それは「一生コツコツと働き続けるだけ」です。

 

そして、そうならないように予め取っておく選択肢は何か?・・・と言えば、それはやはり「権利収入の確保」です。

 

自分は「年金+アルファのお金」で定年退職後の人生を悠々自適に暮らしたい・・・と思うなら、現役時代のうちに何らかの手を打って置かなければいけません。

 

そうしたことを何もせずにそんな境遇を手に入れることは決してできません。

 

呑気にボンヤリと考えていたらどこかで誰かが救いの手を差しのべてくれる・・・などというムシの良い話はありません。

 

自助努力なしで経済的に自由な生活を手に入れることはほぼ不可能です。

 

単に不労所得という甘美な言葉に惹かれ、リスクをほとんど考えないままに投機に手を出してしまうのは危険です。

 

キチンと将来を見据え、自分なりの勝算を見出して行動する姿勢が40代以降には求められます。

 

20代・30代であればまだやり直しもききます。

 

でも、40代はちょっとギリギリ、50代ではかなりやり直しが厳しいと思います。

 

やり直しのきかない年齢に近づいてきたら、それなりのリスクを背負って経済的な行動をとる必要が大事ですし、それができないというのならやはり「一生コツコツと働き続ける」という選択肢をとるのしかなく、いずれにしてもそれを決めるのは自分自身ですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-9-2

    サラリーマン→個人事業主→法人社長という生き方

    世の中には、意図的に自分で描いた人生のステップを踏んで人生を謳歌していく人がいます。 サラリー…
  2. 2021-12-12

    【成功の秘密】収益不動産を一戸買ったとき誰も見向きもしなかったけど…

    昔からよくある話ですが、世の中で偉人と呼ばれる人も別に生まれた時から偉人だったわけではなく、人生の中…
  3. 2018-9-20

    「お金」という結果を求めるなら【原因】をつくらなければいけない

    多くの人は、「収入が増える(稼ぎが多くなる)」という「結果」を求めます。結果を求めるのはいいのですが…
  4. 2017-6-22

    サラリーマンが心がける大事なことの一つ

    私が大学卒業後、26年間会社員として働いた中で「あえて何か自慢すするとしたら何ですか?」・・・と聞か…
  5. 2017-11-20

    成功者に教えを請う方法(相手を気持ち良くさせる言葉)

    ビジネスにおいて、他者と協調し、お互いに切磋琢磨して高めあっていく姿勢は大切です。 中でも、明…
  6. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  7. 2018-3-20

    事業等で再出発するときに誓うべき一つのこと

    物事が想定していたとおりいかずに行き詰まり、やがて再出発せざるを得なくなるときがあります。 事…
  8. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  9. 2018-11-6

    マーチンゲールの法則(勝つことよりも負けないことを考える)

    日本ではまだカジノは認められていませんが、もはや時間の問題でいずれカジノを合法的にやれる時代がきます…
  10. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る