ハイリターンならハイリスクが当たり前と思おう!

「市場価格で1000万円の不動産を、今回特別に800万円でお譲りできます・・・」などと言って投資・投機話を持ち掛けてくる輩がいたなら、そこで「怪しい!」と疑ってかかるのが正解です。

1000万円で売りに出ている物件を、自分が交渉して値下げ要求をした結果800万円で折り合ったというのなら、合点がいきます。

でも、最初から「こんなにおトクですよ~」と言って近づいてくるのには、必ず何か裏があります。

最悪の場合は「詐欺」です。

他人の物件を勝手に売却しようとしていたり、自分の持ち分を偽って過大に見せて、持ち掛けてきているかもしれません。

・・・・・・・・・・・・

見知らぬ人からの高利回りや高配当を謳う金融商品の紹介は怪しい・・・と最初から疑ってかかるのが良いと思います。

世の中に、そんなウマい話はありません。

儲けるけるためには相応のリスクを背負うことが必要です。

損をするリスクがイヤなら、それに見合ったコストが必要になります。

そうすると、必然的に利回りや儲けは少なくなって「ローリターン」となります。

これは至極当たり前の話です。

ところが、この当たり前のことをつい忘れてしまって、自分にもいよいよ運がまわってきたか!とまるでモテ期が来たかのように錯覚してしまう人がいます。

リスクとリターンを比較する習慣がない人かもしれません。

リスクを見ずリターンのほうばかりを見て、すなわち「自分に都合の悪いことを見ようとせず、自分に都合の良いことばかりを意識的に見てしまうような人」です。

投資・投機に関しては、ハイリターンのものはハイリスクですし、ローリスクであればローリターンだと理解しておくことが大原則であり、重要なことです。

高利回りでリスクが少ないものはないか?・・・という欲を持ちすぎると、出会うのは詐欺師やそれに近い集団ばかりとなります。

リターンにはリスクがつきもの・・・虎穴に入らずんば虎子を得ず・・・です。

自分の力で勝ち得たハイリターンならまだしも、自分は何もしないで「棚からぼた餅」状態でハイリターンが訪れるわけがなく、もしそういった話が舞い込んだなら、そこには必ずハイリスクが隠れていることに気づくことが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-15

    残業が減って「副業」が認められる時代

    昨年大きな話題となったことの一つに「電通に端を発する長時間労働問題」や「政府公認による企業の副業禁止…
  2. 2018-10-18

    定年退職までに準備しておくべき重要なこと

    平均的な年金を受け取っても、夫婦2人が生活をしていくには「毎月15~20万円ほど不足」・・・というの…
  3. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  4. 2020-2-12

    営業でサーヴェイするときに有効な3つの魔法の言葉

    営業活動で、自社商品の説明をひたすら行おう・・・とする人がいます。 もちろん、それがないと営業…
  5. 2017-1-18

    部下の欠点・短所を指摘するときのコツ

    上司が部下を自分のデスクに呼んだとします。 上司にそのつもりがなくても、上司の言うことは得てし…
  6. 2019-12-1

    投資・資産運用では退場しないことが大事/敗者のゲームと知る

    たとえばテニスの試合で、プロ選手とプロ選手が試合をするときと、素人が素人と試合をするときとでは、勝負…
  7. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  8. 2018-5-16

    部下の機嫌が悪くなったのは上司のせい?!

    会社で、上司(リーダー)がある社員に向かってこう言ったとします。 「○○君、今日も朝から声が大…
  9. 2018-2-4

    ピンチ(問題勃発!)のときはこう考えよう・・・

    問題が起きた時には「今、自分は試されてる」・・・と思うようにすると、人は冷静になれます。 何か…
  10. 2018-1-11

    【商品開発】商品が先か?中身が先か?

    何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。 A. ま…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る