資金の運用を考えたときに大切なこと

投資の必要性は幾度となくこのブログでも書いてきましたが、改めて基本的なことの一つを挙げておきたいと思います。

 

投資でも投機でもそうなのですが、自分の大切なお金を運用して元金より増やそうと思うなら、できるだけリスクは減らしておきたい(被りたくない)のが人の気持ちですし、実際そうすることが大切です。

 

そのリスクにもいろいろありますが、

一番のリスクは「投資したお金がすべて無くなり、さらに莫大な借金を残してしまうこと」です。

 

これだけは絶対に避けなければいけません。

 

多くの人はこのリスクと不安があるため、投資を行なうことに二の足を踏み躊躇します。

 

逆に言うと、このリスクを回避できるとしたら、投資に関して一歩前向きになれると思います。

 

「莫大な借金が残る投資・運用というレベル」を仮に「レベル5」とするなら、このリスクを徐々に軽減させた状態をそれぞれ検討すると少し感情が落ち着きます。

 

ざっくり言うとこうなります。

 

レベル4.元金は無くなるけど借金まではいかない

レベル3.元金は減るけどゼロにはならない

レベル2.元金が多少増える程度で大儲けはない

レベル1.元金はよくわからないけど毎月(毎年)ある程度の安定した収入が期待できる

 

こうした具合にレベルを上げていけば(=リスクを下げていけば)投資・運用はそれほど怖いものではなくなっていくと思います。

 

特に「1」のレベルまで想定できるなら、投資に対する不安感よりも期待感や意欲のほうが大きくなっていると思います。

 

・・・・・・・・・・・

ここで大切なのは

1.たとえ無くしても動揺しないと言える金額

2.見知らぬ人の意見だけでは決して運用しない

ということを頑なに守ることです。

 

例えば「10万円をなくしたら眠れない/自分の生活費がその10万円だ」という人は、決して10万円の投資・運用をすべきではありません。

 

そんなことをしたら毎日が動揺の日々となります。

 

お金から自由になるための投資・運用なのに「不安感と後悔だけが残る」ことになったのでは意味がありません。

 

自分で勉強してそれなりに納得したうえで資金を費やそうとするなら自己責任の原則を十分に覚悟できます。

 

でも、よく知らない他人の言葉に乗って自分でもよくわからないまま何となく資金を投じてしまったうえにその結果大損につながったとなれば、悔やんでも悔やみきれません。

 

いくら「自己責任が原則だ」といってもやはり後悔が残ります。

 

そうならないためにも、上記2つの観点に留意しておくことが肝要です。

 

いずれにしても、投資活動では「リスクがまったくないということは無い」と理解し、多少のリスクは甘受したうえでそれ以上のリターンを期待できるように図ることが大事です。

 

それを自分でシミュレーションして臨むと、責任と覚悟がキチンとついてくると思います。

 

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  2. 2017-1-25

    【注意!】「リボ払い」の怖いところ

    クレジットカードで買い物をするときは、「一括払い」が大原則です。 お金の教養のある人は、間違っ…
  3. 2017-3-4

    キチンと行えば不動産投資は怖くない

    不動産投資をしている人と不動産投資をしていない人では、私が知る限りでは不動産投資をしている人のほうが…
  4. 2021-10-11

    株の「売買」に酔いしれてはいけない

    株式売買を頻繁に繰り返してお金を儲けようとする人を「トレーダー」と呼んだりしますが、そうしたトレーダ…
  5. 2017-2-16

    見込み客・お客さまを集めるのではなくて・・・

    営業会議では、よく「客を集めるには・・・」といった言葉が飛び交います。 まあ、別にそれで間違っ…
  6. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  7. 2022-5-16

    終わりよければすべて良しの発想を店舗商売に置き換えると…?

    店舗商売(ビジネスモデル)では「いかにしてお客さまに来てもらうか」が大事ですが、それに加えて「いかに…
  8. 2022-4-23

    やる気に火がつくセリフ/火を消すセリフ

    社員には「やる気のある」社員と「いる気のある」社員がいるように思えます。 「やる気がある」とい…
  9. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  10. 2018-1-22

    「最初の1か月は1%の高利息が付きます」の意味

    今の時代は銀行の普通預金に預けても利息が0.001%程度・・・、定期預金に預けても大手銀行で0.01…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る