「原因と結果」には「時間の距離」があるものです

人というのは、何かが起きたときその「直前」に注目するという無意識の思考パターンを持っています。

朝、電車に乗り遅れたときは、直前の出来事=「駅前の赤信号で足止めになったから・・・」が原因だと思ってしまうようなものです。

確かにそうなのですが、よくよく考えると本当はいつもより家を出るのが5分遅かったから・・・さらに言うと、いつもより起きるのが30分遅かったから・・・とも言えます。

もっと言うと、昨日寝たのが深夜遅かったから寝坊した・・・かもしれないし、それは昨日予定外の飲み会が入って調子に乗って終電まで飲んでいたから・・・なのかもしれません。

さらにさらに言うと、それは思いがけず仕事がうまくいったことがあって、いつになく上司に褒められ気分よくしていた自分がいたから・・・だったりします。

朝、電車に乗り遅れたのは「赤信号で時間をとられたから」という直前の出来事に原因を求めるのも正解ですが、別の解釈では浮かれて飲み過ぎてしまった自分の責任とも言えるわけです。

このように、正解は一つだけとは限らずたくさんの正解が存在していることを知っておくことは大切です。

人はイヤな事でも良いことでも直前のことを原因にしがちですが、本当はもっとそれ以前からの「何か」に真の原因が隠れているものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

成功した人、うまくいった人を見ると、他人の目からするとすぐ前の(直前の)ことにその原因を見出して「○○だったからあの人はうまくいったのだ・・・」と思い込みがちですが、実はもっと前からのその人のコツコツとした努力、勤勉な姿勢に本当の原因があるものです。

そこを見落としてはいけないですね。

失敗も同じです。原因はもっと前からの行動・考え方に隠されていたりします。

1つの選択がいきなり大きく人生に影響を与えるのではなくて、その選択をすることになった「それ以前の選択」の方がはるかに大きな影響を自分の人生に及ぼしている、と思います。

「それ以前の選択」をきちんとやっている人は、傍目には想像も理解もできないようなことを実は前々から行ってきているのかもしれません。

成功も失敗も偶然の出来事ではなく、必然の出来事です。

人との出逢いもそうでしょうね。

過去に根拠(=いわゆる「それ以前の選択」)が必ず隠されているものです。チャンスをつかむには日々の行動の積み重ねや適切な習慣が必要です。

練習ではダラダラとしていたのに、本番でいきなり高い能力を発揮することなんてできません。

そういう意味では、日々の行動に真剣さ・真摯な心を注力することが大事だと思いますし、それができる人は成功者になれると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-7-27

    【自己診断付き】歳をとったら「フレイル」に要注意!

    元気な人も歳を取り、いつか元気でなくなっていきます。 残念ですが、人間である以上仕方のないこと…
  2. 2017-11-17

    人生を変えたければ「○○○」が有効です

    今に満足していますか? もし満足できていなくて、自分でも何かを変えなければいけない・・・と思い…
  3. 2017-2-12

    人生が輝いているときに見受けられる「ある共通点」とは?

    人はみんな1日24時間という枠組みの中で、眠ったり起きたりして生きています。 人生にはこの「眠…
  4. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  5. 2016-12-29

    北斗の拳/ラオウの最期の言葉

    『北斗の拳』というマンガでラオウが自分の人生最期に放った言葉「我が生涯に一片の悔い無し!」というセリ…
  6. 2018-12-2

    未来の利益は経営者自身で「決める」ことが大切です

    社長(経営者)は、会社の利益数字をいつも頭の中で考える習慣が必要です。 未来の数字がいくらにな…
  7. 2017-7-7

    強く想えば願いはきっと叶う!

    七夕では短冊に自分の願いを書いて、笹の葉につるしますが、最後にそうしたことをやったのはいつだっけ?・…
  8. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  9. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  10. 2016-11-25

    資産が生み出すお金で生活をする、という発想

    お金に色はついていない・・・とよく言われます。 サラリーマンが会社からもらう給料というお金も、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る