「原因と結果」には「時間の距離」があるものです

人というのは、何かが起きたときその「直前」に注目するという無意識の思考パターンを持っています。

朝、電車に乗り遅れたときは、直前の出来事=「駅前の赤信号で足止めになったから・・・」が原因だと思ってしまうようなものです。

確かにそうなのですが、よくよく考えると本当はいつもより家を出るのが5分遅かったから・・・さらに言うと、いつもより起きるのが30分遅かったから・・・とも言えます。

もっと言うと、昨日寝たのが深夜遅かったから寝坊した・・・かもしれないし、それは昨日予定外の飲み会が入って調子に乗って終電まで飲んでいたから・・・なのかもしれません。

さらにさらに言うと、それは思いがけず仕事がうまくいったことがあって、いつになく上司に褒められ気分よくしていた自分がいたから・・・だったりします。

朝、電車に乗り遅れたのは「赤信号で時間をとられたから」という直前の出来事に原因を求めるのも正解ですが、別の解釈では浮かれて飲み過ぎてしまった自分の責任とも言えるわけです。

このように、正解は一つだけとは限らずたくさんの正解が存在していることを知っておくことは大切です。

人はイヤな事でも良いことでも直前のことを原因にしがちですが、本当はもっとそれ以前からの「何か」に真の原因が隠れているものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

成功した人、うまくいった人を見ると、他人の目からするとすぐ前の(直前の)ことにその原因を見出して「○○だったからあの人はうまくいったのだ・・・」と思い込みがちですが、実はもっと前からのその人のコツコツとした努力、勤勉な姿勢に本当の原因があるものです。

そこを見落としてはいけないですね。

失敗も同じです。原因はもっと前からの行動・考え方に隠されていたりします。

1つの選択がいきなり大きく人生に影響を与えるのではなくて、その選択をすることになった「それ以前の選択」の方がはるかに大きな影響を自分の人生に及ぼしている、と思います。

「それ以前の選択」をきちんとやっている人は、傍目には想像も理解もできないようなことを実は前々から行ってきているのかもしれません。

成功も失敗も偶然の出来事ではなく、必然の出来事です。

人との出逢いもそうでしょうね。

過去に根拠(=いわゆる「それ以前の選択」)が必ず隠されているものです。チャンスをつかむには日々の行動の積み重ねや適切な習慣が必要です。

練習ではダラダラとしていたのに、本番でいきなり高い能力を発揮することなんてできません。

そういう意味では、日々の行動に真剣さ・真摯な心を注力することが大事だと思いますし、それができる人は成功者になれると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-16

    部下の機嫌が悪くなったのは上司のせい?!

    会社で、上司(リーダー)がある社員に向かってこう言ったとします。 「○○君、今日も朝から声が大…
  2. 2018-10-17

    【必読】収入を2倍から10倍にする方法

    サラリーマンが今の自分の収入=給料を2倍にする・・・としたなら、どんなアイデアが考えられるか? …
  3. 2016-6-9

    舛添都知事と囚人のジレンマ

    舛添都知事の答弁で、千葉県のリゾートホテルで面談した関係者は元新聞記者の出版会社社長とのことらしいで…
  4. 2017-6-22

    サラリーマンが心がける大事なことの一つ

    私が大学卒業後、26年間会社員として働いた中で「あえて何か自慢すするとしたら何ですか?」・・・と聞か…
  5. 2018-4-24

    「自負心」という大切な気持ち

    よく「私は○○だったらできる自負があります」とか、「これまで長年やってきた自負があります」などと言っ…
  6. 2019-8-25

    不動産投資では「経営者」としての意識が必要→だから面白い!

    投資であれば、どんなことでもリスクが存在しています。 ここで言う「リスク」とは、本来は「不…
  7. 2017-11-1

    【ビジネスチャンス】「場」を設けられる人=「お金」を儲けられる人

    本屋に行くと「株で1億円儲ける○○」「FXで10万円を△△倍にする方法」「インターネットで□□円稼ぐ…
  8. 2018-5-28

    【必読】お金の教養は大切です

    人が親元を離れて経済的に自立しなければいけなくなったら、手元に入ってくるお金をどのように使うか、それ…
  9. 2017-1-13

    日米間の10年国債金利に2%の差があると・・・

    世界を股にかけてお金の運用をしている、いわゆる「機関投資家」と呼ばれる大手投資家は、その運用の一つに…
  10. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る