就職した会社が発展するかどうかは誰にもわからない!(……からこそ)

昭和の終わり=平成の始まりでもあった1989年の「世界の会社・時価総額ランキング」は次のようだったそうです。

平成元年の世界の時価総額ランキング

1位:NTT(日本)

2位:日本興業銀行(日本)

3位:住友銀行(日本)

……以下ベスト30社のうち21社が日本企業(占有率70%)

→ ところが、そこから30年経ち平成の終わりに近い2018年のデータはこうです。

平成30年の世界の時価総額ランキング

1位:アップル(アメリカ)

2位:アマゾン(アメリカ)

3位:アルファベット(アメリカ)

……以下ベスト30中のうち日本企業はゼロ(占有率0%)!!!

こうしたことからも、かつての花形企業は未来はタダの会社になり得る/過去の評判・実績で会社選びをしてはいけない/今がどんなに良くても未来の保証にはならない・・・ということが言えそうです。

・・・・・・・・・・・・・・

日本の会社が凋落の一途だった・・・ということは、別の見方をすれば「そこに勤務する社員の給料は、社員が期待したとおりに上がっていくどころかむしろ下がり続けてきたのかもしれない・・・」と考えることができます。

多くの大学生は、学生時代には世の中のことや経済のことをあまりよくわからないまま、たまたまその時に有名な会社、その時点で優良企業と呼ばれる会社に就職することを選びがちです。

その結果、確かに一時的には良い待遇の経験ができたかもしれませんが、それはそのときの世間相場で見た場合の話であって、実は長い目で見たら斜陽化していく会社を選んでしまっていた・・・ということになっているかもしれません。

残念ながら、こればかりは、誰にもわからない/先が読めないことです。

でも、「わからない/先が読めない」からこそ、そうしたことに振り回されず、自分がどんな会社に就職したとしても(就労収入を得るということ)、それとは別に自分の力で別の収入源である「権利収入」の源泉をつくっていく姿勢を早い段階で持っておくことが大事だと思います。

会社の給料に頼らない、他の収入源を持つ(=権利収入)ということです。

この発想は、今後ますます新卒大学生にとっても、既存のサラリーマンにとっても大切なものになると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2015-7-21

    マイナンバー制度で日本郵政に特需あり!

    日本全国の国民にマイナンバーが割り振られた通知が届くのは10月の予定です。 来年(2016年)…
  2. 2018-6-18

    世の中の2割の人はあなたが何をしても否定する

    「20:60:20の法則」と呼ばれるものがあります。 全体を100としたら、そのうちの2割は優…
  3. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…
  4. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  5. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  6. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…
  7. 2018-3-11

    【重要】税金を払ってから資産を買うか、資産を買ってから税金を払うか?

    昔、不動産投資を勉強し始めたころに「目からウロコが落ちた学び」がいくつもありました。 そのうち…
  8. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  9. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…
  10. 2021-3-28

    【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

    世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。 残念な…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る