お金は自分の後ろからゆっくりついてくる

東洋の古の訓えの中に、「日計して足らざるも、歳計して余りあり」という言葉があります。

 

これは、とある若者が北の岩石のデコボコした山に住まいを構えたとき、最初は頭のおかしい人だと皆が言っていたのが、3年ほど経ちそのデコボコした山に農作物があふれ豊作に恵まれるようになると、みんなが「我々凡人が目先の一日一日で見ているとダメだと思っていたことが1年・・・3年という目で見ればちゃんとうまくいっている。

何ということだろう。

あの人はきっと聖人に違いない、君主として尊ぼう」と言った・・・という話からきています。

「一日一日で勘定すると足りてない(赤字)ように見えることでも、結果の集計を見れば余りがある(黒字)状態になっている」という不思議さを言い表した言葉です。

 

勝負の世界には「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と言われますが、これと似たようなことだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

人はみな「お金」を求めます。

 

お金があると生きていくのが便利でラクだからです。

 

でも、だからと言って「目先のお金」だけを追い求める姿勢だとなかなかお金は自分の懐に入ってきません。

 

むしろ、お金以外のことを追っていくうちにお金が後から入ってくる・・・ということがよくあります。

 

「前にあるお金を追い求めてはいけない。お金は自分の後ろからゆっくりついてくるものだから・・・」という精神が大切です。

 

眼の前にあるお金を血眼(ちまなこ)になって拾い集めようとしてはいけないと思います。

 

お金を拾い集めることだけに躍起になっていると、ただ忙(せわ)しなくバタバタするだけです。

目の前にあるお金を追い求めるのではなく、たとえ目先の一日一日が赤字になった(見えた)としても、そのあとにトータルで黒字になっていれば良い・・・という発想で日々を過ごすと気がラクになると思います。

 

その単位は「1年~5年」くらいの目安をもち、さらに言うと「人生の最後に黒字」であればそれで良し・・・なのかもしれません。

生きてて良かった!と満面の笑みのままで人生の幕を閉じることができれば幸いだと思います。

 

「自分の人生は黒字だった」と喜べるような生き様を残したいものですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  2. 2019-4-26

    不動産投資を始めてみよう!

    不動産投資というと、バブル期に盛んに行われていたような「物件の値上がり益を狙って転売による儲け」をイ…
  3. 2017-10-11

    あなたが一番勉強したのはいつですか?

    多くの人は中学から高校へ進学するときに「勉強」をたくさんします。 なぜなら、人生初めての選抜試…
  4. 2018-9-12

    飲食店などでの「スタンプカード導入」のコツ

    私がよく行く映画館のビルにラーメン屋さんが入っているのですが、そのお店はスタンプカードを導入していて…
  5. 2016-11-25

    資産が生み出すお金で生活をする、という発想

    お金に色はついていない・・・とよく言われます。 サラリーマンが会社からもらう給料というお金も、…
  6. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…
  7. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  8. 2019-7-24

    すべての人が「投資」を学ぶべき理由とは?

    大学生が卒業して社会に出たとき、ほとんどの人の財布の中身はほぼ横並び状態で、大きな差はまだついていま…
  9. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…
  10. 2018-1-11

    【商品開発】商品が先か?中身が先か?

    何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。 A. ま…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る