お金は自分の後ろからゆっくりついてくる

東洋の古の訓えの中に、「日計して足らざるも、歳計して余りあり」という言葉があります。

 

これは、とある若者が北の岩石のデコボコした山に住まいを構えたとき、最初は頭のおかしい人だと皆が言っていたのが、3年ほど経ちそのデコボコした山に農作物があふれ豊作に恵まれるようになると、みんなが「我々凡人が目先の一日一日で見ているとダメだと思っていたことが1年・・・3年という目で見ればちゃんとうまくいっている。

何ということだろう。

あの人はきっと聖人に違いない、君主として尊ぼう」と言った・・・という話からきています。

「一日一日で勘定すると足りてない(赤字)ように見えることでも、結果の集計を見れば余りがある(黒字)状態になっている」という不思議さを言い表した言葉です。

 

勝負の世界には「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と言われますが、これと似たようなことだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

人はみな「お金」を求めます。

 

お金があると生きていくのが便利でラクだからです。

 

でも、だからと言って「目先のお金」だけを追い求める姿勢だとなかなかお金は自分の懐に入ってきません。

 

むしろ、お金以外のことを追っていくうちにお金が後から入ってくる・・・ということがよくあります。

 

「前にあるお金を追い求めてはいけない。お金は自分の後ろからゆっくりついてくるものだから・・・」という精神が大切です。

 

眼の前にあるお金を血眼(ちまなこ)になって拾い集めようとしてはいけないと思います。

 

お金を拾い集めることだけに躍起になっていると、ただ忙(せわ)しなくバタバタするだけです。

目の前にあるお金を追い求めるのではなく、たとえ目先の一日一日が赤字になった(見えた)としても、そのあとにトータルで黒字になっていれば良い・・・という発想で日々を過ごすと気がラクになると思います。

 

その単位は「1年~5年」くらいの目安をもち、さらに言うと「人生の最後に黒字」であればそれで良し・・・なのかもしれません。

生きてて良かった!と満面の笑みのままで人生の幕を閉じることができれば幸いだと思います。

 

「自分の人生は黒字だった」と喜べるような生き様を残したいものですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  2. 2018-11-30

    借金で怖れなくてはいけないのは「金額」ではない!

    投資とは「対象物はそのまま保有して、そこから得られるインカムゲイン(派生益)を求めること」だと私は考…
  3. 2019-4-6

    企業も人も「長期目線」を持ち「利益を蓄積する姿勢」が大切です

    中途採用社員の中には、入社早々野心丸出しで、会社を自分の手で変えようと意気込む人がいます。 中…
  4. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  5. 2019-2-6

    【重要】マネーゲームはお好きですか?

    雇われて働くのがイヤだ・・・という人の中には自分でお金を稼ぐにあたって、特に柱となるビジネスを起業す…
  6. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…
  7. 2018-1-10

    昇り坂の儒家、降り坂の道家

    「昇り坂の儒家、降り坂の道家」という表現があります。 意味はこうです。 昇り坂、つまり人…
  8. 2017-2-12

    人生が輝いているときに見受けられる「ある共通点」とは?

    人はみんな1日24時間という枠組みの中で、眠ったり起きたりして生きています。 人生にはこの「眠…
  9. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  10. 2017-12-8

    ソクラテスの言葉「お金持ちが…」

    ギリシャの哲人・ソクラテスの言葉にこんなのがあります。 「お金持ちがどんなにその富を自慢しても…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る