投資でローンを組める人/組めない人

人は誰でも「借金をする」ことに抵抗を覚えます。

 

なぜなら、「もしお金を返すことができなかったらどうしよう・・・」とネガティブなことを意識してしまうからです。

 

「借金を返済したらバラ色の人生が待っているだろうな・・・」とポジティブに捉える人は少ないと思います。

 

独身者よりも妻帯者のほうが不安を感じる傾向が強いと思います。

 

それはリスク管理という点において当たり前のことです。

 

そして、多くの人がそうであるからこそ、その不安を克服して、「借金」をポジティブにとらえて、実際に行動を起こす(=借金を申し込む)人は、そうでない人とは別の人生を歩むことができるのかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間が持つ「借金が怖い問題」の本質は、実は借金そのものにあるのではなくて、それまで扱ったことのない多額の金額を扱うことに恐怖心を覚えることにある・・・と思います。

 

たとえば、小学生の子どもが100円を借りても不安にはなりませんが、1万円借りれば不安になります。

 

それは、小学生にとって1万円という金額のお金はそれまでに扱ったことのない金額だからです(一般論として・・・)。

 

大学生であれば1万円を借りても不安にはなりませんが、50万円を借りるとなればやはりそれなりに不安になるものです。

 

それは同じく大学生にとって50万円という金額は扱った事のない金額だからです。

 

でも、やがてサラリーマンになって会社から給料、ボーナスをもらうようになると、人は50万円という借金も怖くなくなります。

 

ところが、さすがに500万円という額の借金には抵抗を覚えます。

 

人ってそういうものだと思います。

 

言うなれば、経験値不足・・・キャパシティ不足が、「借金は怖い」という認識につながっているのだと思います。

 

それを克服するには「慣れる」しかないし、「経験を積む」しかありません。

 

経験を積む・・・といっても、とにかく「初めて」という「最初の一歩」を踏み出すことが必要です。

 

サラリーマンは月に6ケタ(十万円単位)の収入・支出でやりくりする生活パターンです。

 

それを2~3ケタ上げて、数千万円~数億円の借金を背負う(ローンを組む)ことに、不安・恐怖を覚えるのは当間のことだと思います。

 

でも、経済的自由を得るには「その一歩」が必要であり、その一歩を踏み出した人しか経済的自由を得るための扉は開けないと思います。

 

借金(ローンを組むこと)が怖い・・・という人に対して、他人が直接関与できる解決法はなく、結局のところ自分自身で乗り越えていくしかありません。

 

「今までにない規模のお金を支出する」ことを受け入れられないと、「今までにない規模のお金が入ってくる」こともありません。

 

この順番が大事です。

 

「今までにない規模のお金を支出する」ことを受け入れることが先です。

 

不動産投資で成功している人は、扱うお金の単位が上がることを受入れ、実際に経験を積み、自分自身の中でその生活パターンが当たり前だ、と感覚を移行してきた人なのだろうな・・・と思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2019-2-6

    【重要】マネーゲームはお好きですか?

    雇われて働くのがイヤだ・・・という人の中には自分でお金を稼ぐにあたって、特に柱となるビジネスを起業す…
  2. 2018-1-31

    トマス・J・スタンリーに学ぶ「お金持ちになるコツ」とは?

    『隣の億万長者』という本で有名な作家のトマス・J・スタンリーは、お金持ちになるコツとしてこんなことを…
  3. 2017-11-16

    事業が不振だった時の事業報告書は要チェック!

    上場企業では、事業年度ごとに必ず決算短信を提出して広く投資家の人の目に触れるようにすることが義務付け…
  4. 2018-1-10

    昇り坂の儒家、降り坂の道家

    「昇り坂の儒家、降り坂の道家」という表現があります。 意味はこうです。 昇り坂、つまり人…
  5. 2018-7-27

    【自己診断付き】歳をとったら「フレイル」に要注意!

    元気な人も歳を取り、いつか元気でなくなっていきます。 残念ですが、人間である以上仕方のないこと…
  6. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  7. 2019-6-28

    その人は何の「プロ」なのか?

    世の中には「プロ」と「アマ」の2とおりの人がいます。 「プロ(プロフェッショナル)」とは、…
  8. 2017-3-27

    継続すればいつか到達できます

    たとえば、今高速道路を走っていて目的地は100km先にあるとします。 高速道路ですから、時速1…
  9. 2021-3-28

    【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

    世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。 残念な…
  10. 2021-6-26

    時代の変化に気づけるかどうか?

    かつてダーウィンが言った次の言葉は有名です。 「生き残るのは優秀なものでも強いものでもなく、変化に…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る