レジで1円単位の割り勘支払いをされると迷惑かも?!

小学生がコンビニでジュースやお菓子を買って、みんなで割り勘の計算しているのを見るのはちょっと微笑ましいものです。

 

見ていてイヤな気持にはなりません。

 

また、主婦がファミレスのテーブル席で伝票を前に「〇〇さんはいくら、△△さんかはいくら・・・」とやっているのも、まあ、別にそんなにおかしくはなく、ごく普通の光景に見えます。

 

でも、これが場所は変わってカフェや居酒屋などで、それなりの高齢者のグループが、レジのところで「円単位」で割り勘をして1円玉をやり取りしているのをみると、ちょっと痛々しく見えることがあります。

 

いい歳して1円刻みで割らなくても、誰かが10円~100円くらいの割り勘負けをしてサッサと支払うほうがスマートです。

 

レジでもたもたされると他のお客さまに迷惑がかかりますし、そんなに1円単位で損得を計る年齢でもなかろうに・・・と思ってしまいます(私の性格・価値観なのだと思いますが・・・)。

 

まあ、公的年金だけでは老後の生活が成り立たない(2千万円不足する)とか、老後破産という物騒な言葉が飛びかう現代社会ですから、もしかすると致し方のないことなのかもしれません(でも、今の高齢者は年金的に逃げ切り組だと思いますが・・・)。

 

割り勘がいけないのではなく、レジでもたついて後ろのお客さまに迷惑をかけることが一番みっともないところですが、やはりある程度の年齢になれば、自分がちょっとくらいの損をしてもみんなが喜んでくれれば良い・・・というくらいの姿勢は欲しいところです。

 

誰かが全額支払う・・・と言ってそれを別の人が「いえ、ここは私が・・・」と、押し問答する姿も傍で見ていると「どっちでもいいから早くしてくれ~」と思ってしまいます。

 

支払いはいつもスマートに/さっさと手早く済ませて、お店の人にも他の客にも余計なイライラ感を募らせないことも大人のたしなみの一つとして大切だと思います。

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-6

    定年後(老後)の準備は貯金だけでは心許ない・・・

    サラリーマンの定年年齢が徐々に引き上げられています。 今の若い人には信じられないかもしれません…
  2. 2021-3-28

    【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

    世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。 残念な…
  3. 2018-10-17

    【必読】収入を2倍から10倍にする方法

    サラリーマンが今の自分の収入=給料を2倍にする・・・としたなら、どんなアイデアが考えられるか? …
  4. 2020-11-23

    【覚悟】「自分の身は自分で守るという哲学」から幸運は始まる

    私が不動産投資をスタートしたのは46歳・半ばくらいの頃で、特に師と仰ぐ人もいなければ、メンターと呼ぶ…
  5. 2020-12-16

    自分の手持ち現金・資産は確実に増えているのだろうか?

    人は成人してお金を自分の力で得るようになります。 ビジネスを行なってゼロか…
  6. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  7. 2017-9-2

    サラリーマン→個人事業主→法人社長という生き方

    世の中には、意図的に自分で描いた人生のステップを踏んで人生を謳歌していく人がいます。 サラリー…
  8. 2021-5-3

    失敗しにくいビジネスの条件8つ

    ビジネスにもいろいろありますが、次に挙げる条件をすべて満たしていれば失敗を回避できる確率がグッ!と上…
  9. 2018-5-20

    【炎上防止策】文章を書くときは論理性多め・感情論少なめ

    私は学術論文は苦手です。読んでいてすぐに飽きますし、意味が分かりづらいからです。 論理ばかりで…
  10. 2017-7-16

    太宰春台の『産語』に学ぶリーダーの姿勢

    江戸時代中期の儒学者「太宰春台(だざい しゅんだい)」の著書『産語』にこんな話があります。 あ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る