モノから「情報・価値観」を切り離していくとコスト減になる

契約は「諾成契約」が原則なので、口頭で交わした契約でも有効なのですが、そうは言っても人は忘れる動物ですし、後で言った言わないでトラブルになるのも避けたいですからほとんどの場合は「契約書」をつくり、後々に契約内容を確認できるようにするのが一般的です。

 

ビジネスで契約書をつくる際、重要なのは契約書に書いてある内容(情報)であって、紙ではありません。

 

内容(情報)をわざわざ紙というものに載せることは、ある意味では手間が増え物品が増え保管場所が必要になるので、面倒と言えば面倒です。

 

要は余計なコストが増えてしまいます。

 

そこで、そうした内容(情報)を従来の紙(モノ)に載せるというやり方から切り離していけば、それだけコストを削減することができます。

 

そうした着眼点から、世の中には「クラウド」と呼ばれるIT技術が重宝されるようになってきました。

 

・・・・・・・・・・・

人間が東京からニューヨークへ移動しようとすると、高い運賃(飛行機代など)がかかります。

人間ではなく、小包を送るだけならコストはその10分の1以下になりそうですし、手紙やハガキなら更に安くなります。

 

情報を持っていくのが人間だと高いコストが必要ですが、物品や書面で事足りるならコストは削減できるわけです。

 

それが、今ではインターネットの登場によって、ほとんどタダ同然で、しかも瞬時に送れるようになりました(メールなどで)。

 

しかも文字だけではなく、映像や音声も瞬時に送ることができるわけですから、これによる時間とコストの削減への効果は計り知れないものがあると思います。

 

お金についても昔と今では大違いです。

 

昔はお金の概念が「石や貝や貴金属」だった時代もありますが、それだと持ち運びに労力と時間がかかります。

 

それが小さな硬貨や紙幣になったことでかなり手間ひまがかからなくなりましたが、さらに電子送金という手法によってもっと効率化が進みました。

 

必要なのはせいぜい振込手数料くらいです。

 

硬貨や紙幣というのは、モノの上にお金の価値観が乗っかったものですが、ここで大事なのはモノではなく価値観のほうです。

 

硬貨をつくっている金属や紙幣をつくっている紙やインクが大事なのではなく、その硬貨や紙幣にいくらの価値観を植え付けているか?・・・が大事なところです。

 

言えるのは、物事は「モノから情報や価値観を切り離していけばいくほどコストが抑えられ、時間も短縮できる方向にある」・・・ということです。

 

そうした仕組みや手順を考えついた人は世の中に変革をもたらし、ビジネスにおいては莫大な富を得られるような気がします。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る