ここまではセーフでここから先はアウト!の線引き

「線」というのは不思議なもので、人心に何らかの区別を設けさせてくれます。

 

線が引いてあるところを境に、あっち側とこっち側とでは別次元/別世界・・・という認識を与えてくれます。

 

人は誰であれ「他人に干渉してほしくない領域」というものがあり、「干渉されてもいい/干渉されたくない」という領域の一線を無礼に跨がれると、大小の差はあれ怒りが沸々とわいてきます。

 

大人になって社会人になれば、人はそうしたことを学び、他者の大事な「一線」を無礼に越えることがないように配慮する姿勢が求められます。

 

これが一つの「礼節」です。

 

ところが、中にはそうした礼節を知らず、弁(わきま)えていない大人もいるので、世の中はどんどん窮屈になってきた感があります。

 

礼節を弁えていない人は無神経で無礼な人で、大人の顔をした子どもレベルの人です。

 

・・・・・・・・・・・・・・

子どもの中には、大人から何回注意されても叱られても他人に迷惑をかけてしまう子がいます。

 

他人の心を慮(おもんぱか)る力量が足りず、自分の感情のまま言動をとり行なう子です。

 

そういう子に足りないのは、知識や経験もそうですが、見方を変えればやはり一つの「線引きができていないこと」だと思います。

 

そういう子は「この辺まではいい、ここからはアウトという線引き」ができていません。

 

だからいつも誰か他の人に線を引かれて最後にはガツン!と言われないと、そのはみ出た線から元に戻ることができないのだと思います。

 

たとえば、「授業中に変な音を立てる」とか、「バスや電車内で暴れる」とか、「レストランで騒ぐ」といったこともすべて「(越えてはいけない)一線」を越えてしまったことによるものです。

 

まだまだ幼い子は仕方ないとしても、小学生になり学校教育を受けている年代にもなってくれば、ある程度の判別(=線引き)を学び身につけることが求められます。

 

それが社会で生きていくための素養になるからです。

でも、高学年になっても幼いままではいけません。

自分の言動については「自分で線を引ける」のが高学年です。

そして、それが「自律姿勢」につながります。

 

ここまではセーフでここから先はアウト!・・・という線引きは、大人になって男女の関係や、仕事におけるハラスメントの境目においても重要な観点になっていきます。

 

たった一本の細い線であっても、そこに何らかの見えない線があるのかないのかに気づき、その一線をむやみやたらに超えないように配慮する姿勢が大切です。

 

その違いによっては後々に大きな災いにつながる・・・と知っていくことは大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-3-25

    【2020年3月株式暴落状態】株価暴落時の株の買い方

    3月の株式市場では上場している株式がほぼ全面安・暴落状態となり、ほんの1ヶ月前と比べると2割~3割ほ…
  2. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  3. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  4. 2018-1-2

    「18歳」←と→「81歳」

    2018年がどういう年になるかわかりませんが、21世紀になって早や18年・・・です。 何でも「…
  5. 2017-5-20

    さて、私は誰でしょう?

    ここにある「私」がいます。 私はいつもあなたに付き添っています。 私はあなたにとって一番…
  6. 2017-10-26

    【上司必見】「できない…」と言う部下の真意とは?

    何か物事を「できる/できない」と言うとき、能力的にできることがわかっている場合は「できる」と言い切り…
  7. 2017-8-7

    金のなる木/金の卵を産むガチョウ

    世の中には、今の自分の収入を見て将来に不安を感じる人もいれば、あまり不安を感じないで生きている人もい…
  8. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  9. 2019-3-21

    転職後に留意すべき3つのこと

    会社を辞めて別の会社に転職することは、今では決して珍しいことではなくなりました。 私が転職…
  10. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る