就職してお金を稼ぎたいならこの2つがポイント!

環境が変われば、巡りめぐって人生が変わります。

どんな環境に普段の自分の身を置くかによって、人生や自分の収入をいくらでも変化させることができます。

プロスポーツ界に身を置いた人とアマチュアスポーツ界に身を置いている人とでは、収入の源泉がそもそも異なりますし、1年あたりの稼ぐ金額も違います。

また、同じプロスポーツ界でもプロ野球とプロハンドボールでは稼げる年収に根本的な差があります。

良い・悪いということではなくて、世の中の仕組みがそうした環境による差異を最初から生み出されている・・・ということに気づくことも大切なことだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

サラリーマンになるとき、稼ぎやすい業界としてよく言われてきたのは「金融・不動産・IT」業界です。

全体的に総じて稼ぎやすい・・・と言われてきました。

なぜか?

「1回当たりの労力で動かす金額が大きな金額となり得るから」かつ「費用対効果の率が大きいから」・・・だと思います。

つまり、取り扱う金額が10倍に増えても自分の労力・業務量はさほど変わらない、→それなのに得られる効果は大きい!ということです。

1の労力で1しか得られないこともあれば1の労力で1万の結果も得られる可能性があるのが、そうした金融・不動産・IT業界なのだと思います。

そういう意味では、「サラリーマンとして稼ぎたいならこの3つの業界に身を置け!」と言われるのも納得がいきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いて、稼げる前提条件として「営業」に就いていることが挙げられます。

どんなに今人気のある業界にいても、職種として「営業」に携わっていなければ、収入が青天井で増えていくことはあり得ません。

内勤の事務部門にいたら、給料はほとんど固定給でせいぜい残業代がつく程度です。

稼ぎたいなら「営業職」です。

特に若いうち(20代)はぜひとも営業職に就いて経験値を高めることが大切だと思います。

後に歳をとってから非営業部門に就いてのんびりすることはできますが、歳をとってから営業部門に就くことは結構ハードだと思います。

営業はハート(精神的)負担がそれなりにあるからです。

稼ぎたいなら、まず業界を絞ること・・・そして、必ず営業職に就くこと・・・この2つが重要なポイントだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-12-1

    投資・資産運用では退場しないことが大事/敗者のゲームと知る

    たとえばテニスの試合で、プロ選手とプロ選手が試合をするときと、素人が素人と試合をするときとでは、勝負…
  2. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…
  3. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  4. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  5. 2018-7-4

    自己管理能力を磨こう!

    エルバート・ハバードという人が自己管理能力についてこう言っています。 あなたが「やるべきこと」…
  6. 2018-3-20

    事業等で再出発するときに誓うべき一つのこと

    物事が想定していたとおりいかずに行き詰まり、やがて再出発せざるを得なくなるときがあります。 事…
  7. 2018-6-13

    ハリーポッターに学ぶ「自分がやれることはすべてやる」+「うまくいくまであきらめない」

    「ハリーポッター」と言えば、映画はもちろん、本やUSJのアトラクションなど、多くの客を動員してお金を…
  8. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…
  9. 2018-3-30

    【重要】お店商売の極意とは?

    お店商売では、お客さまに関して最低でも次の2つのことを考えて商売することが大事です。 その2つ…
  10. 2019-7-2

    年間200万円の貯金するとどうなる?

    たとえば、サラリーマンが稼いだお金のうち200万円を毎年単純に貯金していくと、5年後には1000万円…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る