就職してお金を稼ぎたいならこの2つがポイント!

環境が変われば、巡りめぐって人生が変わります。

どんな環境に普段の自分の身を置くかによって、人生や自分の収入をいくらでも変化させることができます。

プロスポーツ界に身を置いた人とアマチュアスポーツ界に身を置いている人とでは、収入の源泉がそもそも異なりますし、1年あたりの稼ぐ金額も違います。

また、同じプロスポーツ界でもプロ野球とプロハンドボールでは稼げる年収に根本的な差があります。

良い・悪いということではなくて、世の中の仕組みがそうした環境による差異を最初から生み出されている・・・ということに気づくことも大切なことだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

サラリーマンになるとき、稼ぎやすい業界としてよく言われてきたのは「金融・不動産・IT」業界です。

全体的に総じて稼ぎやすい・・・と言われてきました。

なぜか?

「1回当たりの労力で動かす金額が大きな金額となり得るから」かつ「費用対効果の率が大きいから」・・・だと思います。

つまり、取り扱う金額が10倍に増えても自分の労力・業務量はさほど変わらない、→それなのに得られる効果は大きい!ということです。

1の労力で1しか得られないこともあれば1の労力で1万の結果も得られる可能性があるのが、そうした金融・不動産・IT業界なのだと思います。

そういう意味では、「サラリーマンとして稼ぎたいならこの3つの業界に身を置け!」と言われるのも納得がいきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いて、稼げる前提条件として「営業」に就いていることが挙げられます。

どんなに今人気のある業界にいても、職種として「営業」に携わっていなければ、収入が青天井で増えていくことはあり得ません。

内勤の事務部門にいたら、給料はほとんど固定給でせいぜい残業代がつく程度です。

稼ぎたいなら「営業職」です。

特に若いうち(20代)はぜひとも営業職に就いて経験値を高めることが大切だと思います。

後に歳をとってから非営業部門に就いてのんびりすることはできますが、歳をとってから営業部門に就くことは結構ハードだと思います。

営業はハート(精神的)負担がそれなりにあるからです。

稼ぎたいなら、まず業界を絞ること・・・そして、必ず営業職に就くこと・・・この2つが重要なポイントだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…
  2. 2017-4-23

    【成功法則】成功するために肝要なこととは?

    肉体の筋肉は鍛えることができます。 たとえば、腕立て伏せや腹筋の運動をしたときに、最初は10回…
  3. 2021-6-11

    死ぬときに後悔をしないための決断

    人生は選択の連続ですが、ほとんどの場合、人は無意識化で選択・行動をしているために「自分が選択の連続で…
  4. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…
  5. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  6. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…
  7. 2020-3-6

    稼げるときは勢いに乗って稼ぎまくろう!

    自分は元気で健康であっても、家族が病気になったり健康でなくなったりする場合があります。 &nb…
  8. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  9. 2018-1-19

    一人暮らし社会人が東京で幸せに暮らすために必要な家とは?

    昨年11月に不動産情報サービスのアットホーム株式会社が発表したある調査によると、「一人暮らしの社会人…
  10. 2021-7-29

    競争は「被(かぶ)る」ことで生じます

    一口で「陸上競技」・・・と言っても、その括りの中にはいろんな陸上競技があって、たとえばマラソン選手と…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る