お金がなくなる恐怖と闘う

人は、大人になって自分で生計を立てていかなければならなくなったときから、絶えず心のどこかで「お金がなくなることへの恐怖」と格闘して生きています。

アルバイトをしてもほとんど稼げない月/そもそもアルバイトが見つからないときなどは、どんどん目に見えて貯金が減っていくことに不安感を飛び越えて恐怖感を覚えます。

一人暮らしをしていると、極端な場合は電気やガス、水道を止められることさえ起こりえます。

食うモノにも困って、何日も水だけで過ごす・・・その水さえも止められるともうお終い!です(水は最後のライフラインでそう滅多に止められることはないハズですが・・・)。

私は学生時代などでもそこまでのひもじい思いをしたことはありませんでしたが、今まで出会った高齢者の方の中にはそうした苦い経験をされた人が何人もいらっしゃいました。

昔は、今と比べ物にならないくらい貧しい日本の時代背景があったものです。

いずれにしても、人は「お金がなくなることが怖くて怖くてたまらないもの」・・・です。

そして、そうした状態は「忘れた頃、徐々に・・・あるときは突然に!」やってくるかもしれません。

老後生活における収入減は年金だけ・・・という生活パターンで、徐々に貯金が減っていく恐怖というのはすなわち「お金がなくなる恐怖」とイコールです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

人は厳密に言うと「お金がなくなることが怖い」のではなく、「お金がない自分を人前に晒すことが怖い」のかもしれません。

他人からどう思われているのか?を気にするがために、「貧しい/貧乏」と思われるのが怖いという面があるわけです。

一つの原因は「常にカッコいい自分でありたい/そういう自分を魅せたいという完全完璧主義」が背景にあるのかもしれません。

老後の生活が長くなると、徐々に社会との結びつきが薄れていき、そうした完全完璧主義から解放されていく人は多いと思います。

あまりに開放され過ぎるとタダの「我がまま老人」になりますが、劣等感がなくなる分だけ人生に一種の悟りが開け、「お金がないことの恐怖」も薄れていくのならそれはそれで良いと思います。

「自分は今のままでいいんだ/これもまた自分の人生だ」・・・と受け入れる度量ができると、人は強くなれます。

もちろん、自分のダメなところを人前に晒すことは慣れるまでは怖いことです。

でも、それができるようになる見返りは、それなりにあると思います。

勇気を持って「お金がない恐怖」と闘い、克服することも大切なことだと思います。

人生お金がすべてではありません。

もちろん、ないよりあったほうがベターであることは間違いありませんが、今の日本であれば弱者保護・救済の手立てがありますから、見栄や外聞を気にしなければ生きていけると思います。

まあ、そうは言っても私もそうした人生は歩みたくないので、お金がなくなる恐怖と闘って「お金に関して無頓着になれる人生」を過ごしていきたい・・・と思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-3-11

    成功は約束されなくても「成長」は約束される…

    人間は、今、自分が決して安全地帯にはいないんだ・・・という自覚を持っていると、真剣になり、集中し、必…
  2. 2017-5-16

    権威を身に付けたかったら・・・

    権威というのは、形はないし、目にも見えません。 本当はあるのかどうかも分からないようなシロモノ…
  3. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  4. 2021-5-6

    トップを維持する大変さ/途中からしんどくなる

    以前、イチローが引退の記者会見で 「プロに入って最初の2年くらいは1軍に行ったり来たりでその頃…
  5. 2017-6-12

    ブランド品を身に付けたがらないお金持ちの人たち

    サラリーマンは高級品を身に付けることを意識しがちですが、ビジネスマンは逆に高級品を身に付けないことを…
  6. 2017-8-18

    20代のうちに「お金の教養」を身に付けたほうが良いわけとは?

    20代と80代の大きな差は、気力・体力的にやり直しがきくかきかないか?の差です。 20代はまだ…
  7. 2017-10-11

    あなたが一番勉強したのはいつですか?

    多くの人は中学から高校へ進学するときに「勉強」をたくさんします。 なぜなら、人生初めての選抜試…
  8. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…
  9. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  10. 2018-10-17

    【必読】収入を2倍から10倍にする方法

    サラリーマンが今の自分の収入=給料を2倍にする・・・としたなら、どんなアイデアが考えられるか? …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る