銀行借入は麻薬・・・/安藤百福(日清食品創業者)

今年もっとも活躍して注目を浴びたスポーツ選手と言えば、大坂なおみ選手もその一人だと思います。

昨年の全米オープンに続く、全豪オープンでの優勝という4大大会2連覇の偉業はスゴイことだと思います。

大坂なおみ選手は日清食品に所属していますが、日清食品と言えば、創業者「安藤百福」氏(故人)がNHK朝ドラの『まんぷく』でも描かれました。

安藤氏はかつて2度全財産を失って無一文状態になったという苦い経験があるそうです。

そうした経験などから「銀行には二度と頼らない」と心に誓い、こんな名言を残しています。

「失ったのは財産だけではないか。

その分だけ、経験が血や肉となって身についた」

「経営者は一度、借入の味を覚えると、抜け出せなくなる。

経営に緊張感がなくなり、そのツケは必ず自分に戻ってくる。

企業にとって借金は麻薬のようなものである。」

「高い山の後ろには、必ず深い谷が待ち受けている。

順調な時ほど危機が訪れる。

問題ないと考えること自体、問題である」

・・・などなどです。

安藤氏は日清食品を創業後、無借金経営を貫いたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・

しかしながら、自らが必要な時に、必要な額の資金をいつでも調達できる・・・とは限らないのも現実です。

銀行はそんなに優しい(=いつでもお金を貸してくれる)ところではなく、資金繰りが順調なときほど追加で貸そうとしますが、順調でなくなると途端に手のひらを返したように貸すどころか返せ!と迫ってくるところです。

また、これまで一切取引のなかった金融機関に対し、「トラブルが起こって大変なんです。すぐにお金を貸してください・・・」と申し込んでも、「はい、わかりました」と応じてくれるところなんてありません。

したがって、無借金経営は必ずしも美学とは言えず、社員たちの生活・将来を考えたなら、あえて借金(融資)を行なうというのも、今のご時世では一つの経営哲学だと思います。

さらに、借入によって「企業の成長スピードを加速的に上げる」ということも可能になります。

手元にあるキャッシュ(自己資金)だけで事業展開をすると10年かかるところが、借入金を使う(他人資本)ことで期間を半分に短縮できることもあります。

自己資金が貯まるまでの時間を買う・・・という見方をすれば、自己資金だけでは賄えない規模の事業活動を可能にしてくれるわけです。

そんなさまざまな効果もある「借入(借金)」ですが、その反面、当然リスクもありますから、経営者はそれを行なうにあたって何らかの「基準・規律」を設けておくことが大事です。

たとえば、「年商の3割以下にとどめる」・・・などといった自己基準です。

安藤百福氏が「麻薬のようなもの・・・」と言った銀行借入ですが、リスクを承知のうえで将来の安全担保のために行なっておくことは、一考に値すると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-5-31

    投資を自分の人生に組み入れよう!

    普通の企業では、いわゆる「投資活動」がごく当たり前に行なわれていて、これなくして企業の存続/成長発展…
  2. 2016-12-29

    為替で1ドル117円30銭~40戦という意味

    今年の1月は1ドル≒117円台でした。 12か月間でいろいろ動いて、結局この年末の為替相場は1…
  3. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…
  4. 2017-11-24

    【重要】新築マンションを投資用に検討しないわけ

    私がいつも言っている「不動産投資」の対象となる不動産とは「中古ワンルームマンション/中古ファミリーマ…
  5. 2018-10-12

    「稼ぐ」→「増やす(投資)」→「増やす(再投資)」

    多くの人が「当たり前」だと思っていることとズレた道を選択するには勇気が要ります。 常識とされて…
  6. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…
  7. 2017-8-6

    投資(不動産投資)のススメ

    不動産投資で経済的自由を手に入れようと思うなら、まずはおおざっぱでも構わないのでとりあえずの目標を持…
  8. 2019-8-26

    営業職を毛嫌いしてはいけない

    大学3年生の中には、もう再来年の就職に向けての活動を始めている人もいると思います。 なかな…
  9. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…
  10. 2018-2-27

    サスケ!お前を斬る!光あるところに影がある・・・

    昔の忍者マンガに「サスケ」というのがあります。 テレビでは冒頭で「光あるところに影がある・・・…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る