優秀な社員を離職させてはいけない・・・

会社経営において、優秀な人材の退職ほど痛いことはありません。

デキの悪いお荷物社員が自ら辞めてくれるのは、ある意味では歓迎すべきことなのですが、稼ぎ頭・・・等会社にとって必要な人財の流出はなんとしても避けたいところです。

会社側が退職願を受理する・しないに関わらず、本人がそういう意思表示を会社側にいったん行なった以上は、早かれ遅かれその社員が退職することに間違いはありません。

会社側は優秀な社員を失うことによって直接的に発生しうる売上減少のほかにも、それまでの採用研修教育費や、引継者の育成に関するコストなどの間接的な収益の悪化を懸念せざるを得ません。

特に、中小企業にとっては死活問題になります。

→したがって、優秀な社員ほど辞めたくなくなる仕組み・・・ずっと会社で働きたいと思えるような仕組みを作ることが大事です。

いろいろ仕組み作りはあると思いますが、一つはプレゼント作戦です。

普通に「モノ」をプレゼントするのはあまりうまくありません。

なぜなら、「だったらモノじゃなくて現金でくれよ~」と人は思うからです。

プレゼントするのは「体験」がベターです。

たとえば「海外旅行をプレゼントする」というのも一つの手です。

1.社員旅行として全員で一挙に海外旅行へ出かける

2.該当社員が自分の家族と海外旅行に出かけられるように日にちと料金を会社負担で手配する

・・・などです。

単純に海外旅行をプレゼントするというよりも、現地で「何か」を体験することがプレゼントで、そのための手段として海外旅行がある・・・という設定が良いと思います。

詳細は経営判断によりますが、上記の例で言えば、1のほうが金銭面での負担は少なくなり、効率も良いと言え、また社員間の団結力も生まれます。

2.のほうは社員本人だけでなく、その家族の理解と共感を得られて、永く社員が喜んでくれると思います。

優秀な社員に辞められて、新たに新規採用募集費用などをかけるくらいなら、辞められないようにお金を使うほうが良いと思います。

インセンティブとして報酬をつける、単に給与を上げる・・・賞与を上げる、という手もありますが、普段の生活では経験できない1週間~10日間くらいの休日・・・しかも海外という異文化の場所を提供することには大きな意義があると思います。

社員の見識も広がります。

優秀な人財(社員)は決して離職させないようにする!といった経営哲学を持って、そのための方策を練ることも経営リーダーの重要な務めだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  2. 2020-2-12

    営業でサーヴェイするときに有効な3つの魔法の言葉

    営業活動で、自社商品の説明をひたすら行おう・・・とする人がいます。 もちろん、それがないと営業…
  3. 2018-6-25

    私たちにかかる全ての税金を知っていますか?

    私たちは日々いろいろな税金が存在する中で生活をしています。 所得税・・・住民税・・・消費税・・…
  4. 2019-6-12

    「長期・積立・分散」が資産形成の王道

    今35歳の年齢の人は、倍返しの35年後は70歳です。 ちょうど今、「年金支給年齢が70歳か…
  5. 2017-3-15

    お金・経済的自由も攻めと守りが大切です

    月給・年収に意識を向けると「攻撃」だけですが、資産に意識を向けると意識は「防御+攻撃」となります。 …
  6. 2017-7-9

    【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

    高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞…
  7. 2018-1-15

    残業が減って「副業」が認められる時代

    昨年大きな話題となったことの一つに「電通に端を発する長時間労働問題」や「政府公認による企業の副業禁止…
  8. 2017-3-5

    不動産投資=大家さんになることの意義

    世の中でいう高額な商品、つまり自分の一ヶ月分の給料では買えない商品は多々あります。 代表例とし…
  9. 2018-10-12

    「稼ぐ」→「増やす(投資)」→「増やす(再投資)」

    多くの人が「当たり前」だと思っていることとズレた道を選択するには勇気が要ります。 常識とされて…
  10. 2017-10-9

    【注意】貯金がないのに不動産投資を始めてはいけない

    家計における基本的なお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 つまり、「お金を増やす」…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る