何かを得るには「対価」が必要です

何かを手に入れるにはたいていの場合「対価」が必要です。

 

その対価はほとんどの場合は「金銭」で賄えますが、金銭以外で賄えることもあります。

 

例えば、資格試験に合格をするためには「受験勉強という時間」がその対価となり得ます。

医者・弁護士・会計士などになるには、勉強して受験して資格を取得しなければいけません。

 

そのための勉強時間という「対価」を支払う必要があるわけで、それを10代から始めている人もいます。

 

みんなそういうことは無意識のうちにわかっているものです。

 

何の積み重ねもない人/勉強をまったくせずに遊んでばかりいた人が、「医者・弁護士・会計士がお金持ちなるのは不公平だ!」と叫んでも誰も相手にしません。

 

ところが、医者・弁護士・会計士についてはわかっていても、それ以外の分野において「何かを手に入れるには対価が必要」という概念を忘れてしまう人/思い出せない人がいます。

 

そういう人が、とかく不平不満や愚痴をこぼし、社会に対して毒づいたりします。

 

ネット上で匿名を隠れ蓑にして罵詈雑言を他人に浴びせる卑怯な輩もいます。

 

最悪の場合は犯罪に手を染めたりもします。

 

話を戻しますが、仕事で高収入を得たい!と思うなら、それなりの「対価」を提供する覚悟が必要です。

 

自分が提供する「対価」によって自分の収入を決めることができる・・・と言っても過言ではないと思います。

 

今の時代では辛抱力が足りず、「すぐに結果が欲しい」という人が多くいますが、「すぐに」を求めるとそれだけ対価のほうも大量・高品質になり、かなり厳しい/非現実的なことだと気づくことも大事です。

 

なかなかそれだけのものを提供できる人はいませんから、やはり短期間で何かを得ることは難しいものです。

 

あっと言う間に成功する人過去の経歴を見ればその理由(わけ)がわかります。

あっと言う間に成功する何年も前から実はいろいろな事にチャレンジしては失敗を繰り返してそれなりの対価をずっと支払い続けてきた人だったりします。

 

タダでは何も手に入らないと知ることが大切です。

自分が望むものに相応しい「対価」を支払う準備ができてないなら、その望みはいつまで経っても願望・夢のままで終わります。

 

言い換えれば、リスクを負わない限り期待する事柄は得られない(かもしれない)・・・ということです。

 

そして、ここで大事なのは、どんなリスクを負うのか?自分が何を得たいのか?どんな状態になりたいのか?・・・といったことはすべて自分で決めることができるということです。

 

少なくともそう信じて適切に行動する人であれば、きっと時間がかかっても自分の得たいことをキチンと得られると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-7-19

    お金を生み出す仕事をしよう!

    「自分でがんばって稼いだお金」・・・という表現をとても頻繁に使う人は、もしかすると、お金を稼ぐには一…
  2. 2021-5-19

    【クイズ】高級羽毛布団はどうやって売れるようになったのか?

    あるお店での実話です。 そのお店の店頭では2種類の価格設定で羽毛布団が売られていたそうです。 …
  3. 2021-3-28

    【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

    世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。 残念な…
  4. 2021-3-15

    ウサギの目からカメの目に変えよう!

    寓話「ウサギとカメ」の話は誰でも知っていると思います。 実はこの寓話にはい…
  5. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  6. 2017-11-6

    【重要】罰する必要のない人を罰しない!

    自分の人生がうまくいってる・・・と思う人は、心が穏やかになって他人に接する態度も柔らかなものです。 …
  7. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  8. 2019-7-2

    年間200万円の貯金するとどうなる?

    たとえば、サラリーマンが稼いだお金のうち200万円を毎年単純に貯金していくと、5年後には1000万円…
  9. 2018-2-4

    ピンチ(問題勃発!)のときはこう考えよう・・・

    問題が起きた時には「今、自分は試されてる」・・・と思うようにすると、人は冷静になれます。 何か…
  10. 2018-1-10

    昇り坂の儒家、降り坂の道家

    「昇り坂の儒家、降り坂の道家」という表現があります。 意味はこうです。 昇り坂、つまり人…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る