新元号の前に平成と昭和を振り返る

平成の前は、昭和でした。

昭和元年は、1926年です。

その3年後の1929年に世界恐慌が起こりました。

さらに2年後の1931年に満州事変。

1933年、国際連盟脱退。

1937年、日中戦争。

1939年、第2次世界大戦。

1941年、日米戦争。

1945年、敗戦。

そこからカウントして今日までは74年間ですが、言ってみれば「たった/わずか」74年間です(一世代分にすぎません)。

・・・・・・・・・・・・・・・・

戦後の昭和を支えたのは、一種の会社絶対主義だった・・・と言えるかもしれません。

会社の方針に盲目的に従って、まさに身を粉にして人々は朝から晩までほとんど休日もなく働き続けました。

フランスの首相から「日本人はまるでアリのように働く人種だ」と言われても、まったく意に介せずせっせと働きました。

アメリカから「日本人はウサギ小屋に住んでいるようだ」と揶揄されてもお構いなしに「核家族化→狭いマンション住まい」が普及し続けてきました。

その結果、日本は敗戦をしたにもかかわらず世界が驚愕する経済成長を成し遂げました。

ところが、昭和から平成になった途端に経済バブルが崩壊し、連れてそれまでの会社崇拝が一気に瓦解し始めます。

それまでの伝家の宝刀だった「終身雇用と年功序列」制度はあれよあれよという間に崩壊して消えていきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、平成の時代の日本という国は戦争とは一線を画して「まったく戦争の無い時代」でした。

これは大いに自慢できることだと思います。

昭和の時代とは打って変わって、文字通り「平和に成った(=平成)」わけです。

まあ、国の外では戦争だらけでしたが・・・
(アフガン戦争、イラク戦争、ロシアーグルジア戦争、リビア戦争、シリア内戦、ウクライナ内戦など)。

日本国が一切戦争をしなかったというのは、「今を生きている」私たちにとってとてもありがたいことであり、世界的に見てもすばらしいことだと思います。

半面、経済的には「失われた20年」という言葉が一般化するほどに停滞しました。

それでも、人々の生活はどんどん便利になったと思います。

大きくはIT革命/インターネットやスマホの普及が大きかったと思います。

今から31年前の平成元年の頃を思いだすと、今とのギャップに驚かされます。

いよいよ明後日「新元号」が発表され、1ヶ月の告知期間を経て5月1日から「改元」となります。

果たして、新元号以降の日本国や経済や政治はどうなっていくでしょうか?

答えは、私たち自身で作り上げていく・・・ことが大事なのでしょうね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  2. 2017-12-8

    ソクラテスの言葉「お金持ちが…」

    ギリシャの哲人・ソクラテスの言葉にこんなのがあります。 「お金持ちがどんなにその富を自慢しても…
  3. 2017-8-2

    利益を2倍にするテクニックと半分にするテクニック

    たとえば「1万円の商品で経費(原価)が9千円」だと仮定します。 一つ売れると1,000円の儲け…
  4. 2018-9-20

    「お金」という結果を求めるなら【原因】をつくらなければいけない

    多くの人は、「収入が増える(稼ぎが多くなる)」という「結果」を求めます。結果を求めるのはいいのですが…
  5. 2018-5-13

    話し上手になる3つの「会話の極意」とは?

    自分は会話が苦手だ・・・と思う人は、たいてい「気の利いたことを言わなければバカにされる」とか「自分の…
  6. 2015-7-21

    マイナンバー制度で日本郵政に特需あり!

    日本全国の国民にマイナンバーが割り振られた通知が届くのは10月の予定です。 来年(2016年)…
  7. 2017-5-13

    中途採用で求められるのは、即戦力+成長力のある人材

    企業で中途採用を実施しているところは多くあります。 そうした企業で求める人材というのは何も「即…
  8. 2017-5-14

    事実と意見の違いに注意を!

    本を出版するときは必ず「プロフィール」を記載します。 これがけっこう曲者(くせもの)です。 …
  9. 2017-8-7

    金のなる木/金の卵を産むガチョウ

    世の中には、今の自分の収入を見て将来に不安を感じる人もいれば、あまり不安を感じないで生きている人もい…
  10. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る