生まれ持った才覚だけでは道は拓けない

「資産形成を行なうこと」は、歳をとるほどにそれが人生の結果・集大成につながっていく・・・と言えなくもありません。

 

若い頃の挑戦や努力、辛抱やストレスとの格闘などの繰り返しが、巡り巡って自分の資産形成(増加)という形になって表れてきます。

 

もちろん人生ではお金がすべてではないのですが、それでもやはり「生きていくうえでお金は大事」ですし、ましてや労働市場からリタイアして職を失った後の身ではなおさらです。

 

若い頃からの長い年月をかけた資産形成の存在が自分の将来の身を保全してくれます。

 

逆に言うと、資産を失うのはこの反対の理屈です。

 

逃避や怠惰、ぬくぬくと何かに守られて豪奢な日々を送るのみ・・・という生活パターンでは資産が目減りしていくのは当たり前です。

 

これは資産に限った話ではなく、仕事や家族との日々についても同じかもしれません。

 

何かがうまく進みつつあるときは、その前提条件としてその人の前向きな取り組み姿勢があるものです。

 

それが周りの人々に支持され応援されていることが追い風となってより加速してくれます。

 

逆に、一時の成功に驕ったり、他人を見下したり、相手を自分の劣後に置こうとする邪な考え方をもって生きていると、徐々に何をやってもうまくいかなくなります。

 

人生=日々(年月)というのはそうした相反する姿を行ったり来たりしているに過ぎないのかもしれませんが、できることなら「前向きに」「他者からも応援されて」生きるほうがベターだと思います。

 

生まれ持った才覚だけでは道は拓けません。

 

才覚はあくまでも「あればちょっと助かる・・・」程度のことだと謙虚に受け止め、日々の努力や挑戦の姿勢を大切にするほうが良いと思います。

 

才覚で資産を築くことができても、それが反社会的な行為の結果だったり、倫理観にもとる行為に基づくものであれば「悪銭身に付かず」です。

 

お金が無くなれば周りにいた人も去っていきます。

 

そんな寂しい人生を晩年に送らないためにも、堂々と胸を張って生きる道を切り拓いていくことを求め続けたいですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-16

    部下の機嫌が悪くなったのは上司のせい?!

    会社で、上司(リーダー)がある社員に向かってこう言ったとします。 「○○君、今日も朝から声が大…
  2. 2022-1-5

    子どものお小遣い/サラリーマン化の伏線

    幼い子どもは親からお小遣いをもらうことで「自分のお金を得る」ようになります。 …
  3. 2017-7-9

    【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

    高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞…
  4. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…
  5. 2017-3-9

    歳をとるほどに若者と話すときの留意点とは?

    同じ家に住む家族であっても、親と子どもの見ている視界は別々です。 子どもが小さい頃には、親は子…
  6. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  7. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…
  8. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  9. 2017-11-14

    【リーダーシップ】下の世代に受け継いでもらうこと/もらわないこと

    ハンムラビ法典にある「目には目を歯には歯を・・・」というのは、要はやられたらやり返せ!ということで、…
  10. 2018-6-7

    お金持ちが政権安定を望むわけとは?

    先日のニュースで、あるアンケート調査によると「富裕層ほど現政権の維持を望む声が多くなっている」・・・…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る