経済格差は思考格差から・・・

コロナ禍が始まってしばらくすると、時代を先読みする人や経営手腕に長けた人ほど、早い段階で「コロナ禍に対応したビジネスモデルへの変更」を行なったと思います。

 

それは販売方法を従来とは変えるものだったり、そもそもの商品の見直しだったり、営業時間や従業員の勤務形態の変化などかもしれません。

 

そうした人がいる一方で、時代を読むことに弱い人や経営手腕に乏しい人たちや一般的な庶民層の人たちは・・・と言うと、ただただ毎日を不安と恐怖の中で自粛して引きこもるのみで、自分の頭で「事態を好転させること」を考えようともせず、日々マスコミの報道で一喜一憂しているだけだったかもしれません。

 

これでは格差は広がるのも当然・・・です。

 

厳しいようですが「天は自ら助くる者を助ける」です。

 

・・・・・・・・・・

コロナ禍にあって多くの人は「貯金のありがたみ」を従来にも増して感じたかもしれません。

 

なぜなら、コロナで仕事が減ったり職を失ったり、働きたくても働けない状態が続いたとき、そこではどうしても従来から蓄えてきた貯金に生活の当てを頼るしかなかったからです。

 

ここで思考回路の分かれ目が生じます。

 

一つは「やはり貯金しておくことが大事だ」という短絡的な思考、そしてもう一つは「(お金を貯めることも大切だけど)どんな状況でもお金を稼げる自分であることがもっと大切だ」という思考。

 

この思考の差が将来の経済格差を生む一つの分かれ道になると思います。

 

そもそも従前からこうした思考格差があったことで、イザ!コロナ禍において資金難・貧困格差につながったような気がします。

 

何かあったときのためにお金を貯めておくことは確かに大事です。

 

でも、それ以上に「何があってもお金を生み出せる能力がある」ことのほうが、真の安心と安定につながると思います(とくに年齢がまだ若い人ほど)。

 

どんな時代環境でもお金を稼ぐ/生み出す方法を実行できること/そうした仕組みを構築して所有しておくこと・・・が大切です。

 

この思考・発想を普段からしているかどうかが将来の次の経済格差につながる、と知ることも大事です。

 

コロナで減収や仕事を失った人が多かった現実を見れば、余計に「何が起こるかわからない」「何が起こってもおかしくない」「そうした前人未到の時代だ」と認識しておくことが求められます。

 

国家の侵略・・・戦争・・・物資不足・・・食糧難・・・というこれまであり得なかったことも現実化する時代です。

 

やはり、衣食住は重要です。

 

格差によって劣後に甘んじないためにも「お金は道具に過ぎない」と知り、「お金を使うことは何かを為すため」だと認識し、そのうえでお金を稼ぎ続けられる自分であるように日々研鑽努力していく姿勢が大切だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-29

    レンタルビジネスをある視点でとらえると・・・

    私は映画は映画館で観るので、DVDを借りて観るという習慣がありません。 したがってそうしたお店…
  2. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  3. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …
  4. 2019-5-3

    説教をするお金持ちはニセモノ

    ある程度の人格者であるお金持ちは「自ら進んで他人に説教をする」なんてことは決してしません。 …
  5. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …
  6. 2015-7-21

    マイナンバー制度で日本郵政に特需あり!

    日本全国の国民にマイナンバーが割り振られた通知が届くのは10月の予定です。 来年(2016年)…
  7. 2017-12-8

    ソクラテスの言葉「お金持ちが…」

    ギリシャの哲人・ソクラテスの言葉にこんなのがあります。 「お金持ちがどんなにその富を自慢しても…
  8. 2021-9-6

    【重要】「持ち家志向」の前に持つべきものとは?

    これまでの日本人の人生設計の中には「持ち家志向」が根強くあったと思います。 社会人になった後、…
  9. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  10. 2018-2-27

    営業で売り込まれることを人は望まない

    下手くそな営業手法は「売らんがために自分勝手で、都合の良いことだけを喋りまくる」ようなやり方です。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る