2番手を黙って買っておく

スポーツの世界でもビジネスの世界でも必ず序列がつけられていて、いろんな切り口に応じて1番から2番・・・3番・・・4番・・・と順序立てがされているものです。

 

一つの会社内でも一番優秀な社員から順番に序列が付けられたり、給与の額によって順序立てが組み立てられたり、職位によって序列がついているものです。

 

人はこの序列によって「〇〇さんがいないときのピンチヒッターは△△さん・・・」と内心で理解しています。

 

どんな会社も集団であっても、トップがいつも順風満帆で進み続けるということはありません。

 

順風満帆に見えても、長い道のりの中ではそうでない時期が必ず訪れるものです。

 

たとえば、スポーツチームで選手が20人いるとします。

 

実際の試合に出られるのはその中のほんの数人だけです。

 

1番手のAさんはもちろん優秀なのですが、そのAさんがケガをしたり事故に遭ったりしたとき、がぜん注目されてくるのは2番手にいるBさんになります。

 

Bさんはそもそも2番手にいるくらいですからそれだけでも十分優秀なのですが、1番手の人にネガティブなことが起きたとき、2番手のBさんの株は急上昇することになります。

 

これはスポーツの世界だけではなく、ビジネス社会においてどんな会社・人にも言えることです。

 

業界内には常に序列があって1番手がいれば2番手がいます。

 

もし1番手の会社に不祥事が起きたとき、それまで1番手に偏っていた需要が急激に2番手の会社に流れていきます。

 

だから、2番手に位置する会社・人はリスクヘッジ上においてはとても重要であり、隠れた有望株となり得ます。

 

1番手ではないがゆえに普段は低評価されているかもしれません。

 

株などで言えば、そうしたときこそかえって安く買えてラッキー!かもしれません。

 

株式市場では「1番手を売り2番手を買う」という裁定取引・ヘッジ取引を組んでいる投資家もいるくらいです。

 

2番手をバカにしてはいけないですね。

 

2番手こそ安く買えるなら勇気をもって購入するという姿勢は、全体を視る目を持つ人であれば必ず有しています。

 

全体的な安定感を追求して、リスクヘッジと平常心を大切にするなら、「2番手に注目しておく」という観点は欠かせないと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-21

    エビでタイを釣る/返礼品でお金持ちを釣る/ふるさと納税

    「ふるさと納税」は前々からありましたが、テレビでこれほど宣伝されるのはつい最近になってからのような気…
  2. 2019-3-19

    なぜ、不動産投資をするのか?

    世の中では「理由」で動く人のほうが多いですが、私は「目的」で動くほうが大事だと思っています。 …
  3. 2018-3-3

    【必読】経済的自由を手に入れるための発想とは?

    世間のほとんどの人はお金を稼いだらそれを消費にまわします。それがある意味常識になっていると思います。…
  4. 2017-4-23

    【成功法則】成功するために肝要なこととは?

    肉体の筋肉は鍛えることができます。 たとえば、腕立て伏せや腹筋の運動をしたときに、最初は10回…
  5. 2018-12-24

    「宝探しゲーム」と「人生成功の本質」

    子どもが小さい頃、宝探しゲームをやりました。やり方は簡単です。 親が家の中に子どもが喜びそうな…
  6. 2018-1-10

    昇り坂の儒家、降り坂の道家

    「昇り坂の儒家、降り坂の道家」という表現があります。 意味はこうです。 昇り坂、つまり人…
  7. 2021-5-3

    失敗しにくいビジネスの条件8つ

    ビジネスにもいろいろありますが、次に挙げる条件をすべて満たしていれば失敗を回避できる確率がグッ!と上…
  8. 2018-3-9

    子どもの人生を左右する親の姿勢

    東大に合格した学生の多くは、子どもの頃に親から「もっと勉強しなさい!と言われたことがほとんどない」・…
  9. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…
  10. 2017-1-10

    労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

    仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る