収益自己住宅(賃貸併用住宅)という発想

「賃貸併用住宅」という不動産投資方法があります。

 

自分が住む住宅建物の一部を貸出して賃貸収入を得るやり方です。

 

別名「収益自己住宅」とも呼ばれています。

・・・・・・・・・・

今でこそ核家族が大半となり、住宅は昔ほど大きくてたくさんある間取りではなくなってきましたが、それでも中には「子どもが独立して家を出ていって、空き部屋ができた」という住宅は多いと思います。

そうした住宅を夫と妻の2人で住むには広すぎる・・・と思えば、空き部屋を貸し出しすることも一つの手です。

 

また、もっと言うと、子どもが親と暮らすのはせいぜい20年間前後だと思えば、最初から住宅を購入するときに引き算をして「あと何年子ども部屋が必要か?」と計算して、予めそのように設計した住宅を購入することも手です。

 

場合によっては、子どもが大きくなってから住宅を購入するとしたら、そんなに広い家を買って子どもが独立した後も住宅ローンを支払い続けることがちょっとナンセンスだと気づくかもしれません。

子どもがいなくなって空き部屋になった部屋の分もずっとローンの返済をしていくと思えば、あまりにもったいない話です。

 

そこで有効になる考え方が「収益住宅=賃貸併用住宅」という考え方です。

 

子どもが家を出ていった後は外部に貸し出しをすることを前提にして、初めからそうした家づくりをしておき、その段階になったら賃貸募集をして他人に貸し出せば良いわけです。

 

玄関・バス・トイレなどの考慮が必要なので、一般的な住宅の建築にはなりません。

ある程度、専門化のアドバイスが必要になるかと思いますが、一つの手だと思います。

 

特に、子どもがいない夫婦にとっては一考の余地大だと思います。

 

そうすることで家賃収入が入ってきますから、住宅ローンの返済にも一役立てますし、住宅ローンの返済が終わった後はまるまるお小遣い収入となります。

 

同居する家族が減って家の中がガランとした状態で、黙々と高い住宅ローンを返し続けるのは何とも寂しいものです。

 

空室だらけの家は資産の無駄遣いと言えます。

 

収益不動産という発想を「家を建てる/購入する」タイミングで持っていれば、家の建て方/買う視点も変わってきます。

 

言えるのは「短期目線で行動するのではなく、長期目線で行動した者が勝つ/勝利の美酒を味わえる」ということです。

自宅を「自宅+貸し出し住宅」という設定にして考えると、将来の自分年金にもなって老後の経済的自由さにも大きく影響を与えると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-6-25

    予備対応話法という販売テクニック

    営業では「対応話法」という概念を大切にすることが必要で、これができていないとなかなか売上を伸ばすこと…
  2. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  3. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…
  4. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  5. 2017-7-16

    太宰春台の『産語』に学ぶリーダーの姿勢

    江戸時代中期の儒学者「太宰春台(だざい しゅんだい)」の著書『産語』にこんな話があります。 あ…
  6. 2017-9-1

    特定商取引法に定められた電話勧誘に関する法規制

    毎日、必ずと言っていいほど「迷惑な営業電話」がかかってきます。 自宅の電話にも携帯電話にも・・…
  7. 2019-7-7

    不動産投資物件の2つの求め方

    不動産投資では、自己資金を100%使わなくても銀行からお金を借りて(=ローンを組んで)行なうことが正…
  8. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  9. 2018-5-20

    【炎上防止策】文章を書くときは論理性多め・感情論少なめ

    私は学術論文は苦手です。読んでいてすぐに飽きますし、意味が分かりづらいからです。 論理ばかりで…
  10. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る