沈没船ジョーク/部下の行動動機を見抜くこともリーダーには必要

沈没船ジョークというのがあります。

 

有名なので、知っている人も多いと思います。

こんな感じです。

 

世界各国の人々が乗った豪華客船が沈没しかかっています。

ところが、脱出ボートに乗れる人数は乗客の数に大きく及びません。

 

そこで、船長は止むなく乗客を海に飛び込ませようとします・・・。

 

その際に船長が各国の人を海に飛び込ませるために放った言葉とは何だったか?

アメリカ人に対して・・・

→「飛び込めばヒーローになれますよ」

ロシア人に対して・・・

→「海にウォッカのビンが流れていますよ」

イタリア人に対して・・・

→「海で美女が泳いでいますよ」

フランス人に対して・・・

→「決して海には飛び込まないで下さい」

イギリス人に対して・・・

→「紳士はこういう時に海に飛び込むものです」

ドイツ人に対して・・・

→「規則ですので海に飛び込んでください」

中国人に対して・・・

→「おいしい食材(魚)がありますよ」

日本人に対して・・・

→「みなさんはもう飛び込みましたよ」

・・・・・・・・・

日本人というのは世界的に見ても、「同調意識が強くて集団心理にとらわれている」人種のようです。

お国柄・・・の国民性で考えるとジョークの話で済みますが、言えるのは、どんな人でもそれぞれの哲学があって、その琴線に触れるようなことを言われると「行動を起こしやすくなる」ということです。

 

ある人にはそれが金銭欲を刺激することかもしれないし、ある人にはプライドをくすぐるようなことかもしれないし、ある人には良い人だと思われることかもしれないし、ある人には異性との交流がきっかけになるかもしれない・・・など、人それぞれです。

 

リーダーは、自分の部下がどんな哲学を持ち、どういう事象に敏感に反応するのかを知っておくとマネジメントに活かせます。

 

部下を動かすのに下手な脅しや刃は不要です。

 

その部下が動きやすくなるであろう、ほんのちょっとした一言で十分だっりするわけです。

 

それを見抜くのも、リーダーの大事な務めの一つだと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-9-24

    人に教えるときに大切にすべき3つのセット内容とは?

    スポーツでも勉強でも仕事でも、指導者や先生や先輩などが教えるときは、「○○をしなさい」・・・といった…
  2. 2017-9-2

    サラリーマン→個人事業主→法人社長という生き方

    世の中には、意図的に自分で描いた人生のステップを踏んで人生を謳歌していく人がいます。 サラリー…
  3. 2017-11-17

    人生を変えたければ「○○○」が有効です

    今に満足していますか? もし満足できていなくて、自分でも何かを変えなければいけない・・・と思い…
  4. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  5. 2017-7-4

    「石の上にも3年」と言いますが・・・

    東京オリンピックまで、暦上はあと3年です。 3年しかない!と思うより、3年もある!と思って準備…
  6. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  7. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  8. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  9. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  10. 2018-1-3

    【未来予測】2019年から2020年にかけて留意しておくべき事

    東京都の小池都知事がやたらカタカナ言葉を使いたがることを多くの人は知っています。 都民ファース…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る