人としての器を大きくしよう!

10代~20台のうちに次の2つを経験すると、その後30代以降の人生に大きな好影響を及ぼすと思います。

 

それは

1.大きな挫折を体験すること

2.その挫折から這い上がること

です。

 

この2つを人生の若いうちに経験しておくとその後の人生に必ず役立ちます。

 

これらを一生涯経験しないで生きていくのもまた人生ですが、経験した人と未経験の人とでは人間力/人としての器に大きな差が生じると思います。

 

挫折を経験して這い上がったことがある人と、経験したけど這い上がることができなかった人との差も大きなものがあります。

 

「挫折を経験する」のは一時的/短期的には辛いことですが、人間万事塞翁が馬であり、その辛い経験も長い目で見ればきっと自分の糧となって幸運をもたらしてくれると思います。

 

・・・・・・・・・・・・

目に見えるものだけを信じて生きる・・・という人は「視野が狭い人/自己陶酔派の人」です。

 

たとえば、電気や電波・音波や空気などは目には見えませんが、でも、科学的に存在していることが実証されています。

 

あまりに小さいもの(極小・矮小すぎるもの)は人の肉眼では見えないだけで、見えないからといって存在を否定できることではありません。

 

自分にできないからと言って他人にもできないと言うのと同じで、それは傲慢でナンセンスです。

 

世界にはそうした人の目には見えないことでもちゃんと見えている生き物や道具が存在しています。

 

人が誰かを愛する気持ちや、誰かがあなたを大切に思う気持ちも同様です。

 

見えないから信じない・・・と言ったら、その後の人生は空虚なものになって味気なくなります。

 

神様がいるのかいないのかはわかりません。

あの世があるかどうかもわかりません。

 

でも、神様もあの世も「ある」と思えばそこから「思考や感情」の枠が広がります。

 

→ 同じように、自分と違う意見の人がいたら、それを真っ向から全否定するのではなくて、「どうしてそんな考えができるのか?」と相手の立場に立って考えるように努めると、そこから自分の人としての枠がグーンと広がります。

 

器を大きくして自分の人生をもっと豊かなものにしていきたいものです。

 

人は、ラクな環境に身を置いている間は決して成長しません(だからこそ、挫折の経験とそれを克服する経験が人を伸ばしてくれます)。

 

自分の能力を超えることを求められたとき、そんな環境に身を置いたとき、実は自分が成長できるきっかけとチャンスが芽生えます。

 

人間力/人としての器を大きくするには、時として自分の得にならないことをやることも必要です。

 

自分の得にはならないけど、全体で見れば誰か得になっている・・・ということに身を削って経験し、自分が奉仕したり貢献することで自分の器を広げることができます。

 

人としての成長、自分の器を拡げて人間力を高める・・・という意識を持つと、争い事が減ってみんながハッピーになると思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-5

    もし1億円の貯金があったら?

    たとえば、サラリーマン時代に残業・休日出勤などを厭わずにせっせと働いて、一生懸命にお金を貯めて、その…
  2. 2017-12-31

    【重要】上品な人と下品な人の差とは?(身口意の三業)

    よく「品がある/ない」という言い方をしますが、上品と下品とを分ける差は、なかなか言葉で言い表わそうと…
  3. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  4. 2016-12-29

    為替で1ドル117円30銭~40戦という意味

    今年の1月は1ドル≒117円台でした。 12か月間でいろいろ動いて、結局この年末の為替相場は1…
  5. 2018-1-4

    1億円のイメージを具現化してみる

    多くのサラリーマンアは、今より給料がアップして年収が増えたらいいなあ・・・と思っています。 そ…
  6. 2019-5-31

    投資を自分の人生に組み入れよう!

    普通の企業では、いわゆる「投資活動」がごく当たり前に行なわれていて、これなくして企業の存続/成長発展…
  7. 2019-10-27

    経済破綻しないためのコツ=収入の範囲内で生活

    サラリーマン家計が破綻しないための最大のコツは「その月の収入の範囲内でその月の生活をする/支払いをす…
  8. 2017-6-11

    「新築アパート」の大家さんが収益をうまくあげられない理由

    不動産投資とは「家賃収入を得ること」と言い換えることができます。 日本国内には多くの「大家さん…
  9. 2018-12-2

    未来の利益は経営者自身で「決める」ことが大切です

    社長(経営者)は、会社の利益数字をいつも頭の中で考える習慣が必要です。 未来の数字がいくらにな…
  10. 2015-8-17

    サラリーマン必読!「賃貸派」と「購入派」どっちがお得?

    若い頃でバリバリ働いているときは、借家住まいでも良いと思うのですが、サラリーマンが定年となりいわゆる…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る