確定申告時に戦(おのの)く人とは?

日本野球機構(NPB)が昨年若手選手らに行ったセカンドキャリアについてのアンケートでは、引退後の希望進路(「やってみたい」と「興味がある」)の上位3つは次の通りだったそうです。

1位 「高校野球の指導者」

2位 「大学・社会人の野球指導者」

3位 「一般企業の会社員」

4位 「スカウト、スコアラー等」

5位 「プロ野球監督、コーチ」
   「アカデミー等の子供の指導」

前年7位だった「一般企業の会社員」が野球の指導者に続く3位に入ったのは、珍しいことのようです。

確かに上位5つまでの中で、野球と無関係なことが3位に入っていることが何とも興味深いと思います(他はすべて野球関係です)。

それだけ収入の安定志向が若手プロ野球選手に広がっているというか、いろんな情報が耳に入っているのだろうと推測します。

プロ野球の選手は、現役で活躍しているときはものすごく高給ですが、その高給が永遠に続く人はごくごく稀です。

また、高給の反動の高額税金の落とし穴に気をつけなければいけないですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビ番組でよくある「あの人は今・・・」といった中で出てくる人は、たいてい人生の紆余曲折が激しいものです。

まあ、テレビですからそうした浮き沈みがないと面白い番組が作れないのかもしれませんが、中には「その後」を知って思わず目を覆いたくなるほど悲惨な人もいたりします。

たいていの場合、そうした激しい人生の浮き沈みの背景にあるには「経済的問題」か「健康問題」です。

一時は数億円という年俸だたのプロ野球選手が球団から解雇されてやがて凋落していくことは珍しいことではありません。

高収入で気をつけるべきは翌年の確定申告時の所得税の納税やその後に訪れる住民税の納付などです。

気持ちが大きくなってマンションや高級車等をキャッシュ一括払いで購入している
その後の税金にビックリするかもしれません。

仮に不動産取得税のことは不動産会社に言われて気をつけていても、翌年以降の固定資産税を疎かにしているとキケンです。

サラリーマンでない人・・・プロスポーツ選手や自営業の人は年間納税計画を立てておくことが重要です。

所得税、住民税、固定資産税などの支払いの計画を立てていない高年俸の人が経済的に破綻していくのはある意味では当然です。

せっかく高額の報酬を手にしながら、お金とうまく共存できていない人は、後々に苦労します。

仮に、浪費ばかりして悪癖を身につけてしまうと見える未来像は巨額の借金生活です。

2月の確定申告時期は、所得税が還付されるサラリーマンにとってはラッキー! な時期ですが、今から税金を納めなければいけない人にとっては戦(おのの)く時期かもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-5-31

    投資を自分の人生に組み入れよう!

    普通の企業では、いわゆる「投資活動」がごく当たり前に行なわれていて、これなくして企業の存続/成長発展…
  2. 2019-8-23

    元・銀行員…がお金のプロとは限らない

    インターネットを利用して、セミナービジネスや、情報商材ビジネスや、塾・サークルビジネスを始める「元・…
  3. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…
  4. 2017-11-17

    人生を変えたければ「○○○」が有効です

    今に満足していますか? もし満足できていなくて、自分でも何かを変えなければいけない・・・と思い…
  5. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  6. 2019-12-27

    お金を稼ぐ力は長期目線に立って考えると良い

    日本のプロ職人、社員、アルバイトなどの報酬・給料を時給換算した場合、その職種等によって約100倍近く…
  7. 2019-4-2

    企業を選ぶ際の「生きがいと働きがい」

    今の時期、大学新4年生は翌年の就職に向けて企業の会社説明会に数多く参加します。 それぞれの企業…
  8. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  9. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…
  10. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る