不動産投資で購入する物件は「安ければいい」とは限りません

投機のコツは「安く買って高く売る」です。投資においても、自分のお金を投じるわけですから、対象物を購入する資金は少なければ少ないほうがリスクも少なくなります。

たとえば、不動産投資においては不動産物件を購入しなければ何も始まりませんから、まずはお金を出して物件(←収益不動産とも言います)を買うことが必要で、そのときの投資資金はできるだけ低く抑えたいのが人情です。したがって、できることなら「安く買いたい」とみんな思います。

これはこれで大正解だと思います。ただし、気をつけなければいけないのは、ただ単に「価格」だけで判断するのではなく、総合的に判断しないとうまくいくものもうまくいかなくなる・・・ということです。

一般的に、安い価格で販売される物件というのは、それだけ老朽化していたり何か問題点を抱えている場合が多く、そうでなければ売り手側も安く売ろう・・・なんて思うはずがありません。

安いからには何らかの理由(わけ)がある!・・・ということです。

表面利回りの良さに目を奪われて、他の悪条件を見逃してしまうとキケンです。安く買ったはいいけど、入居者が入らない・・・では、投資が成立しません。

・・・・・・・・・・・・

業者の勧めで、半分ダマされるような形で、不動産物件を購入または土地に建築さえすれば、やがて満室になって家賃収入が定期的に入ってくる・・・と安易に考えている人がいます。

非常にキケン!です。

物件を購入したり建物を建築することは、その段階では、たまたま「箱(=器)」ができあがった、というだけのことで、その箱に入居者を導くというのは、それはそれでまた別のノウハウ等が必要です。

器があれば黙っていても人が入居してくれるわけではありません。

空室リスク・・・空室になるとその分の収入が途絶えます。それでも、収支がプラス(=黒字経営)になっていけるように想定することは重要なことです。

不動産投資において物件の価格が安いことはありがたいことの一つではありますが、それだけを狙って「安いから買う」という道を選択すると「迷い道」になる恐れがあります。

価格だけで判断せずに、判断する要因を自分なりにいくつも用意して、総合的に判断することが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-6

    秋元康(あきもと やすし)さんの「夢」の言葉

    おニャン子クラブやAKB48など数多くのアイドルを輩出・プロデュースしてきた秋元康さんの言葉にこんな…
  2. 2017-1-15

    私が大切にしている「人生変化プロセス論」

    私は幼い頃、前ばかりを見ていたので過去を振り返る事はほとんどありませんでした。 少し成長すると…
  3. 2018-9-18

    【必読】不動産投資では賃貸管理会社選びも重要です

    不動産投資は、所有する不動産物件から毎月「家賃収入」を得ていく流れです。その際、所有する不動産物件の…
  4. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  5. 2019-5-22

    リタイアするときまでに、その後の「主となる収入源」を確保しておく

    政府は「生涯現役」を掲げ、現状の公的年金の支給開始年齢を65歳から70歳に引き上げようと画策している…
  6. 2018-6-18

    世の中の2割の人はあなたが何をしても否定する

    「20:60:20の法則」と呼ばれるものがあります。 全体を100としたら、そのうちの2割は優…
  7. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…
  8. 2019-8-26

    営業職を毛嫌いしてはいけない

    大学3年生の中には、もう再来年の就職に向けての活動を始めている人もいると思います。 なかな…
  9. 2018-1-10

    昇り坂の儒家、降り坂の道家

    「昇り坂の儒家、降り坂の道家」という表現があります。 意味はこうです。 昇り坂、つまり人…
  10. 2018-3-30

    【重要】お店商売の極意とは?

    お店商売では、お客さまに関して最低でも次の2つのことを考えて商売することが大事です。 その2つ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る