【注意】税金は忘れたころにやってくる

消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的にはありません。

でも、世の中には「支払い忘れ」となっている税金が多々存在していて、そういう税金は結局忘れたころに支払い通知がやってくるのです。

たとえば、昨年の年収が1億円だったの人が、今年の年収は1000万円になったとします(ちょっと極端ですが)。

今年に支払い請求がくる住民税は昨年の年収を元に計算されていますから、1億円を元に計算された住民税の請求が来ます。

年収1000万円の年に、遅れて年収1億円の税金がやってくるわけです。

たとえば、不動産を購入した場合は不動産取得税という税金が1度だけかかります。

ところが、その支払い通知書が送られてくるのは、購入し、登記手続きが完了し、そこから数えて6カ月後以降です。

車の重量税だと購入時に合わせて支払いますが、不動産の場合は半年以上も遅れて通知が来るわけで、多くの人は忘れたころにその書面を手にします。

不動産と言えば固定資産税も同様です。

固定資産税は「毎年1月1日時点での所有者」に課税義務がありますが、その納税通知が送られてくるのは5~6か月も後になってからです。

既に売却をして自分のものではなくなっていたとしても、納税義務は自分にあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

税金の支払いは後から急に訪れる……ということを認識しておくことは大切です。

この原則を理解しておけば、対処の仕方も工夫できます。

あらかじめ、そのことを踏まえた行動をとれば良いだけです。

つまり、現在の収入から予めその数ヶ月後~を見越して「振り分け貯金」をすることです。

6ヶ月後に12万円の納税義務が発生しそうなら、毎月2万円ずつ貯金をして6か月後に備えておけばいいだけです。

そのためには、今の収入から▲2万円として、封筒に取り分けるなど別のところに2万円を別途保管しておくことが必要です。

これは「先々を読む訓練」に役立ちます。

未来を見て、現在の行動に落とし込む……という発想を身に付けるチャンスです。

早い人は、社会人になりたての頃からそうした訓練を行い、それがビジネスや仕事の場でも有効に働き、スキルアップや収入アップにつながっています。

ところが、何も訓練していない人はいつまで経っても「目先のこと」しか見ることができず、長期視点に立った行動がとれずにいます。

税金は忘れたころにやってくる……
という事象が教えてくれているのは、世の中は「目先だけしか見ていないとやがて困ることになる=長期目線で物事を見て、そのうえで現在為すべきことをすることが大事」ということなのかもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-8-25

    不動産投資では「経営者」としての意識が必要→だから面白い!

    投資であれば、どんなことでもリスクが存在しています。 ここで言う「リスク」とは、本来は「不…
  2. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  3. 2017-1-13

    日米間の10年国債金利に2%の差があると・・・

    世界を股にかけてお金の運用をしている、いわゆる「機関投資家」と呼ばれる大手投資家は、その運用の一つに…
  4. 2018-8-19

    減点主義よりも加点主義の方針が良い!

    ゴールド免許は運転免許証の更新等をした時点において、過去5年以内に加点対象となる交通違反がない優良運…
  5. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  6. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…
  7. 2020-3-6

    稼げるときは勢いに乗って稼ぎまくろう!

    自分は元気で健康であっても、家族が病気になったり健康でなくなったりする場合があります。 &nb…
  8. 2019-2-6

    【重要】マネーゲームはお好きですか?

    雇われて働くのがイヤだ・・・という人の中には自分でお金を稼ぐにあたって、特に柱となるビジネスを起業す…
  9. 2018-6-3

    日大の教職員組合の要求/ピラミッド構造

    悪質タックル問題で揺れる日本大学ですが、日大教職員組合は5月31日に、内田前監督の常務理事などを含む…
  10. 2018-11-6

    マーチンゲールの法則(勝つことよりも負けないことを考える)

    日本ではまだカジノは認められていませんが、もはや時間の問題でいずれカジノを合法的にやれる時代がきます…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る