収入より資産に意識を向けていますか?

退職時に仮に3000万円の貯金があったとしても、退職後にそれを取り崩しながら生活を組み立てていくと、おそらく80歳を迎える頃には貯金が底をつきそうな状態にあると思います。

 

もちろん人によって毎月の生活必要費用は異なりますから、80歳時においてもまだまだ貯金がある人もいるかもしれませんが、現役時代と同じ生活水準でお金を使っていたら、案外早くお金は無くなってしまうものです。

 

現役時代は「老後の生活費用としてお金を貯めることを考えてもあまり意味がないかもしれない」・・・ということです。

だから、それよりも「老後になっても毎月安定した収入が入ってくること」を考えるほうがベターだと思います。

 

そうすれば、イザ!というときまで貯金は取り崩すことなくとっておくことができ、精神的にも経済的にもかなりラクになると思います。

 

老後も安定した収入を得られる・・・には、「自分が働いて時間給でお金を稼ぐのではなく、実物資産に働いてもらってそこから収入を得る」という発想が得策です。

 

別名「権利収入」ですが、要は財資産を持つことが肝要で、言い換えれば現役時代から財資産に意識をフォーカスすることが大切だということです。

 

「財資産」とは、金の卵を産んでくれるガチョウのようなものです。

「収入」という金の卵を産んでくれるガチョウです。

 

より多くの収入・・・さらには安定した収入という「結果」を求めるなら、大事なのはその「原因」となる「財資産」を持つこと/増やすことが肝要となります。

 

「目先の自分の収入」を増やすことばかりに意識を向けると自然と「お金・給料・報酬」といったことに目がいきますが、「得られるお金」は言い換えれば「結果」です。

 

物事の道理として「結果を得たければそれに必要な原因をつくること」が大事です。

 

そして、ここでいう「原因」とはすなわち「財資産を持つこと」になります。

 

「結果」であるお金にばかりフォーカスしていると、そのお金を産み出す原因を壊してお金を手に入れようとしてしまう恐れがあります。

 

金の卵を産むガチョウの例で言えば、せっかく毎日金の卵を産んでくれるガチョウなのに、一気に金を得るためにそのガチョウを殺してしまうような愚かな行為です。

 

収入よりも財資産に意識を向けることの重要性に気づき、現役時代からそれを実践に移していける人ほど、将来の金銭的ゆとりは大きくなると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-12-17

    「条件付きの自信」を「条件なしの自信」に変える

    仕事で「ゲン担ぎ」をすることは構わないですが、「条件付きで自信を持つ」ことはあまりしないほうが良いと…
  2. 2017-6-22

    サラリーマンが心がける大事なことの一つ

    私が大学卒業後、26年間会社員として働いた中で「あえて何か自慢すするとしたら何ですか?」・・・と聞か…
  3. 2018-4-15

    人生、想えば成るものです!

    私は2014年春までは、普通に会社員生活を送っていましたが、50歳の誕生日で会社を退職してリタイア生…
  4. 2020-10-11

    【重要】不動産投資で「自宅の近くで物件探し」はNG?

    本業にほとんど負担をかけずに自分の収入を増やすことができるのが「投資」です。 そして、その代表…
  5. 2019-6-24

    経営者/リーダー/マネージャーの違い

    経営者もリーダーも時には同じ意味で用いられることが多いですが、会社組織の中で、あえてそれを分けて考え…
  6. 2019-3-19

    なぜ、不動産投資をするのか?

    世の中では「理由」で動く人のほうが多いですが、私は「目的」で動くほうが大事だと思っています。 …
  7. 2018-9-12

    飲食店などでの「スタンプカード導入」のコツ

    私がよく行く映画館のビルにラーメン屋さんが入っているのですが、そのお店はスタンプカードを導入していて…
  8. 2016-12-29

    北斗の拳/ラオウの最期の言葉

    『北斗の拳』というマンガでラオウが自分の人生最期に放った言葉「我が生涯に一片の悔い無し!」というセリ…
  9. 2016-6-9

    舛添都知事と囚人のジレンマ

    舛添都知事の答弁で、千葉県のリゾートホテルで面談した関係者は元新聞記者の出版会社社長とのことらしいで…
  10. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る