「不動産投資を実際に行なった」という経験値を高める・・・

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

サラリーマンの人は「少しでも今より多くの余裕金銭がほしい」・・・と思うものです。

 

給料で言えば「1万円でもいいから増えてほしいなあ~」といった具合です。

 

そして、昇給して実際に1万円給料が増えると、少しして今度は「あー、あと1万円増えたらなあ~」とまた欲をかきます。

 

1万円と言わず、仮に今より5万円の収入増となってもしばらく経てばまた同じように「あと少し給料が増えてほしい・・・」と思うようになります。

 

まあ、人ってそういう生き物だと思います。

 

特に、自分で稼いでいるというよりは「他者から与えられている」という境遇下にある人ほどそういう傾向が強いように思えます。

 

・・・・・・・・

給料に頼らなくても自力で毎月5万円程度の収入増=キャッシュフローの獲得をする方法はあります。

それは少額の不動産物件をコツコツ現金で購入して家賃収入を得る方法です。

 

数物件保有するだけで月額5万円程度なら十分に可能です。

 

地方物件で言えば、200万円以下で中古ワンルームを購入し、家賃を3万円もらって(←そこから諸経費を差し引いて実質2万円ほどの手残り収入)いけば、3戸あれば十分に達成できる計算になります。

 

1戸当たり実質2万円の収入とすれば、3戸持てば6万円の収入増です。

 

時間がかかるのでは?・・・という疑問も湧くかもしれません。

 

確かに今日明日でいきなりすぐに達成できるものではありませんが、でも、半年くらいのスパンで十分可能な手法です。

 

小さな物件をいくつも入手するということは、その数だけ売買契約をこなさねばならなく、効率は悪いように見えるかもしれませんが、「分散投資/リスクの分散」という意味では十分意義があります。

 

また、回数を増やすことは「不動産投資の経験を積む」というかけがえのないものを身につける/手に入れることにもつながります。

 

一見、非効率的にも思えるかもしれない小規模物件の購入と繰り返しですが、実は不動産投資の経験を数多く積むための布石になる・・・と考えればかなりプラスになると思います。

 

しかも実質的実入り(毎月の収入アップ)がついてくるわけですから決してマイナスにはならないと思います。

 

最初はコツコツ・・・ですが、そのコツコツという姿勢こそ重要なことだと思います。

 

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-12-16

    自分の手持ち現金・資産は確実に増えているのだろうか?

    人は成人してお金を自分の力で得るようになります。 ビジネスを行なってゼロか…
  2. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  3. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…
  4. 2022-9-13

    インフレ時代に備えて節約より収入アップ!

    NISA枠上限の引き上げや投資期間の恒久化などを盛り込んだ金融庁案がまとめられたそうです。 &…
  5. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…
  6. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  7. 2018-2-25

    信託形式の投資・運用には要注意!

    未上場の株式を購入する場合や、不動産を購入する場合などでは、その実物を実際に目で確認することができる…
  8. 2017-12-12

    上位20%に集中してみよう!

    昔からよく言われるように「80:20の法則(パレートの法則)」があります。 会社の売上例で言え…
  9. 2017-1-18

    部下の欠点・短所を指摘するときのコツ

    上司が部下を自分のデスクに呼んだとします。 上司にそのつもりがなくても、上司の言うことは得てし…
  10. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る