現金で1千万円あったら何をしますか?

投資センスがある人/お金を増やせる人は、もし手元に現金で1000万円あったなら、1000万円で買える家・マンション(=収益不動産)を現金買いするか、はたまたその1000万円を頭金にして銀行から融資を受けて3000~4000万円くらいの収益不動産を買ったりすると思います。

レバレッジを効かせて、効率よく、将来にわたって「お金を生む木」を手に入れようとするわけです。

投資センスのない人/貧乏な人というのは、1000万円があぶく銭であると自分に都合の良い解釈をして、自分の欲望の趣くままに商品・サービスにお金を支払ってパッパッとお金を使い切ります。

その結果、数か月後にはその1000万円はほとんど消えてなくなっています。

また、多くの人にありがちなのが、とりあえず「貯金しておこう」と銀行預金に預けてそのまま・・・というパターンです。

まあ、どれも正解だと思います。

・・・・・・・・・・

一般的な傾向として「貧乏な人が貧乏な理由は贅沢のし過ぎ」・・・というのがあります。

また、貧乏な人は「自分が贅沢をしていることにそもそも気付いていない」・・・という傾向もあります。

ここでいう「贅沢」とは、収入額や貯金額を超えた支出を指します。

まず間違いなく、貧乏な人(=お金が不足している人)というのは不要な贅沢を繰り返してしまう悪いクセを持っています。

そして、その贅沢を味わった快感が忘れられなくて、再びそうしたい!と強く恋焦がれて短期でお金が手に入る方法ばかりを探します。

少しずつ、長期にわたって、でも確実に手に入れる方法・・・なんて見向きもしません。

ここが、お金持ちになれる人かそうでない人かの分かれ道だと思います。

贅沢を維持したいとか、もっと贅沢したいという気持ちでお金を稼いでも、結局はそのお金は消えていきますから自分自身は貧乏なままです。

そもそも、身の丈にあった生活ができない、我慢ができない、見栄を張ることを止められない、というクセから脱却しないことには「お金の教養」も身に付きませんし、お金の教養が身に付かないと「お金で苦労するままの人生」で終わってしまいます。

お金を儲ける/増やす・・・ためには地味で時間のかかる行動を繰り返すことが必要なものです。

その地味な行動を我慢できないような性格だと、安定したお金儲け/お金を増やすことは難しいかもしれません。

「時間がかかる」という概念を持つことはとても大事だと思います。

手元に1,000万円があったとき、それをどう使うか?は人それぞれですが、それを元手にして「お金のなる木を育てる」という発想を持つことを私はオススメしています。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る