忍び寄る「スタグフレーション(不況下での物価上昇)」に注意!

日本の景気が良いか良くないかは、各種統計データを見れば分かることなのですが、どうも最近はこうした統計データは捏造されたり、改ざんされたりしているように思えて、いまいち信用できないものがあります。

そこで大事になるのは「庶民の肌感覚」です。

家計における給与収入が増えてきたな・・・と感じられれば「景気が良い」でしょうし、そうでなければ「景気は良くない(悪い)」だと思います。

そして、巷間言われているのは後者のほうなので、どうも政府発表の言い分とは食い違っているようにも思えます。

ただ、肌感覚で言えるのは「物価は徐々に上がってきている(ような気がする)」ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年の国民生活基礎調査によると、「生活が苦しい」と回答した人が全体の
57.7%だったそうです。

過半数以上の人が「生活が苦しい」と答えたわけです。

二極化現象が起きていて、相対的に所得の低い人たちが増えているということかもしれません。

そうした一方で、今月初めには「2018年の税収(国税)がバブル期超えの60.4兆円!」というニュースが出ました。

一応、論調としては「雇用環境が改善し→好景気になり→税収も増した」・・・ということだと思いますが、いかにも「選挙前のプロパガンダ(宣伝)」という気がしてなりません。

重い税金で苦しんでる人は多いと思います。

実際は不景気なのに、そこで税収過去最高とはいかに? ただの重税だろう!・・・という思いをしている人は多いような気がします。

・・・・・・・・・・・・・

景気は良いとは思えないのに物価は上がって(=インフレ傾向)、しかも税金も上がって生活は苦しくなっている・・・というのは、スタグフレーションと呼ばれる経済の姿です。

「スタグフレーション」状態になると、日本のような累進課税の税制度下では「税収増」となるのがセオリーです。

今や日本は「不況下での物価上昇=スタグフレーションに陥ろうとしている(陥っている)」と言えるのかもしれません。

好況・不況は「肌感覚」なので何となくですが、物価変動は「事実」として確認できます。

スーパーでの買い物を例にして考えると、実質的な商品価格は数年前よりも確実に高くなっています。

つまり、気づかないうちに物価上昇(=インフレ)は起きていた・・・ということです(まあ、気づいていましたが・・・)。

各人、各家計で、資産防衛への訴求がこれからは大事になります。

これからの日本は、スタグフレーションに対抗するために、「不景気の中でお金を稼がなければいけない/実物資産にお金を換えていかなければけない」・・・という考え方が浸透していき、どこかで爆発的に広がるかもしれません。

そうすると、突然の株高となり、ちょっとしたミニバブル現象が起きる可能性もあります。

遅れて、不動産高・・・です。

対外的には円の価値が下落するので「円安」です。

円安になると輸出産業が潤うので、そうした関連の会社では給料・ボーナスが上がるかもしれません。

不況下の物価高、および重税感の拡大、為替の通貨安・・・という予備知識を頭に入れたうえで、本当にそうなのかどうかを見極めつつ、時代の変化に対応して生きていくことが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-31

    【重要マインド】成長なくして成功ナシ!

    赤ちゃんや幼稚園児くらいだと「自分の思い通りにいかないと八つ当たり」します。 小学生~中学生~…
  2. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  3. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  4. 2017-3-27

    継続すればいつか到達できます

    たとえば、今高速道路を走っていて目的地は100km先にあるとします。 高速道路ですから、時速1…
  5. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  6. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  7. 2017-2-12

    貧困生活から脱出するには?

    昨今、日々の生活が経済的に極端に苦しい・・・といったいわゆる貧困状態にある人が増えていると言われてい…
  8. 2018-12-20

    サラリーマンだから得られる「印税収入」とは?

    あと10日ほどで2018年が終わり、2019年を迎えます。 街中ではひっきりなしにクリスマスソ…
  9. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  10. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る