放っておいてもお金を稼いでくれるものを持とう!

辛いことを長い時間頑張ることはさらに辛いことであり、たいていの場合は続きません。

 

少しの間であれば我慢できることでも、長期間にわたって我慢し続けることは精神的にも肉体的にもうまくありません。

 

人は感情で動く動物ですから、ネガティブな感情で動くことを強制するのは「長続き」という面でみれば難しいと言えます。

 

感情で動くことを排除する・・・としたら、そこで出てくる代替案は「仕組みで動かす」ということになります。

 

経営でもお金を稼ぐことでも、人の努力や意思や感情に頼るのではなく、何らかの「仕組み」に頼る・・・という発想が大事です。

 

そうすることで「辛いことに我慢」から解放されます。

 

・・・・・・・・・・・

「お金持ちになりたい/経済的に自由に暮らしたい」・・・といって、自分の時間や労力を対価に変えることをしていたら、その夢はまず実現しないと思います。

 

夢までの距離が長ければ長いほど、そこに到達するには時間が必要です。

 

自分の時間や労力を対価に変えることには「感情が伴う」のに、それも「辛い」と思えるような就労(労働)であればなおのこと長く続けることは難しいことです。

 

一時的、短期的には続けられますが、求める到達地にはまず辿り着けないと思います。

 

辿り着くには感情ではなく「仕組み」でお金を得る方策を練ることが大事です。

 

ある程度のお金持ちになって、自由で裕福な生活を送りたいと願うなら、「お金を生み出し続ける仕組みを持つ」ということに意識を切り替える必要があります。

 

自分が労働者として働くのではなく、自分は管理者となって自動で報酬を生み出し続ける形を構築する・・・という発想を持つと良いと思います。

 

それさえできれば、経済的に自由に暮らせるのは時間の問題です。

「負けるのがわかっている勝負をするのはバカがやること」 ・・・とはよく言われることですが、感情で動き続けるようなことでお金を得ようとするのはまさに「負けるのがわかっている勝負」と言えそうです。

 

ただし、その仕組みが出来上がるまでは仕方がないので「自分で働き、就労してお金を稼ぐ」という手法をとらざるを得ないのも事実です。

 

だからこそ、その期間をいかに短くするか!

それを検討する姿勢が大事です。

面倒だろうが、しんどかろうが、最初はとにかく「自分にできること」から始めて、コツコツお金を貯めて増やしていくことが大切です。

 

仕組化と時間さえ適切に使えば、求める結果は自ずと見えてくると思います。

永遠にしんどいまま生きていく・・・のは止めて、後のゆとりを楽しみに今の苦労を買う・・・といった意識で若いうちは働くと良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2021-5-3

    失敗しにくいビジネスの条件8つ

    ビジネスにもいろいろありますが、次に挙げる条件をすべて満たしていれば失敗を回避できる確率がグッ!と上…
  2. 2017-11-29

    【推移公開】最初に収益不動産を購入してから7年経ちました

    不動産投資を最近始められた人はこれからがたいへん楽しみだと思いますが、一応「投資」である以上リスクも…
  3. 2016-12-30

    重要なことには「長期」かつ「面倒」なものが多い

    人間にとって最重要なことは、「健康的に永く生きる」だと思います。 ところが、永く生きるには何か…
  4. 2017-11-18

    身だしなみとお洒落(オシャレ)の差

    最近は「身だしなみ」という言葉をほとんど聞かなくなりました。 普段お洒落には無頓着な私ですが、…
  5. 2022-1-19

    稼ぎ続けられる人が持つ特長/需要ある希少性

    ビジネスでは「一時的に稼ぐ」ことよりも「永久的に稼ぎ続ける」ことのほうが重要視されます。 &n…
  6. 2018-1-2

    「18歳」←と→「81歳」

    2018年がどういう年になるかわかりませんが、21世紀になって早や18年・・・です。 何でも「…
  7. 2017-7-16

    太宰春台の『産語』に学ぶリーダーの姿勢

    江戸時代中期の儒学者「太宰春台(だざい しゅんだい)」の著書『産語』にこんな話があります。 あ…
  8. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…
  9. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…
  10. 2018-1-21

    生命保険を使って相続税を安くする方法

    「相続税を節税するため」の生命保険商品があるそうです。 相続税は、一定の資産を持つ人が死亡した…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る