「お金」という水を貯めるダムを作ろう

水道の蛇口を捻ると水が流れてきます。

何も考えなければ当たり前のことに思えますが、よくよく考えてみれば、平野に暮らす私たちがそうやって水を得られるのは本当にスゴイ!ことだと思います。

この仕組みの最重要ポイントは、山岳部地帯に「ダムが設けられていて、常時そこに水があること」です。

雨が降ったときに、川・海へ流れ出てしまう水をせき止めてダムに蓄えておくことで、たとえ雨が振らないときでも安心して水を供給することができます。

だから、日照り続きでダムの水量が下がってくると、時と場合によっては水量制限が出され、蛇口を捻っても水が出なくなることもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・

お金に関しても、この「ダム」という発想は重要です。

いつも財布を開けばお金が入っているのは、自分の家計の中に「お金のダム」があるおかげです。

ダムがないと、お金は尽きてしまいます。

家計のダムにお金を蓄えておくには、お金が入ってくるタイミングでそれをムダに吐き出さず、貯めておくことが必要です。

具体的に言うと、サラリーマンの場合は毎月の給料日+年に数回のボーナス日に、もらったお金(手取り額)の1割~3割程度を貯金しておくことです。

毎月使って良いお金は、「手取り額-貯金」で残った分だけです。

「天引き貯金」のやり方ですが、これがお金という水をダムに溜め込む仕組みとなります。

お金持ちのダムはお金という水であふれていて、貧乏な人のダムほどお金という水は少なく、最悪の場合は干上がっています。

ダムにたくさん水を蓄えるには「入ってくる川の水量を多くする(=給料を上げる)」か、「入ってくる川の本数を増やす(=収入源を複数持つ)」ことが秘訣です。

一番効果的なのは「水量を増やしつつ、川の本数も増やす」ことです。

言い換えれば「給料アップを図ると同時に、複数の収入源を持つ」ということになります。

ダムの水量を、ゆっくりでも良いので確実に増やしていくことがとても大事なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-31

    投資から目を背けてはいけない

    5月から「令和」時代が始まり、早6ヶ月(=半年)が経とうとしています。 これからの時代は、昭和…
  2. 2017-3-9

    歳をとるほどに若者と話すときの留意点とは?

    同じ家に住む家族であっても、親と子どもの見ている視界は別々です。 子どもが小さい頃には、親は子…
  3. 2017-5-27

    「トラック・ランナー」と「マラソン・ランナー」の違い

    陸上の走者には大きく2通りあります。 一つは競技場の中のトラックを円を描くように走るトラック・…
  4. 2017-2-3

    経済的自由を得るには?

    普通の一般的な人が「経済的自由を得たい!」と思うなら、経済的自由を得るためのレールに乗ることが大事で…
  5. 2017-11-23

    1日8時間労働に囚われていませんか?

    今日(11月23日)は、勤労感謝の日ですね。 いつも健康で働ける身体があること、働く職場がある…
  6. 2017-3-26

    【経営者注目!】新規参入でビジネスを早く軌道に乗せる裏技とは?

    一般的に、既に市場が出来上がっている業界に新規で参入していくのは「レッドオーシャンに飛び込む」・・・…
  7. 2017-3-31

    てるみくらぶ倒産に思うサラリーマンの選択・・・

    会社でクビになるサラリーマンの多くは実際に「クビ宣告」がされるまで、自分の生活が常時不安定に晒されて…
  8. 2017-5-20

    さて、私は誰でしょう?

    ここにある「私」がいます。 私はいつもあなたに付き添っています。 私はあなたにとって一番…
  9. 2018-10-10

    住宅ローンと団体信用生命保険と不動産投資の使い方

    「30代の子ども有りの夫婦」が住宅ローンを組んで自宅を購入する場合、一般的に多いパターンとしてはこう…
  10. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る