経済的自由を得ることを考えてみよう

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

「人生100年時代」です。

長寿になって人生を楽しむ時間が増えたのは良いのですが、仮に人生が伸びても人生を楽しむことができなければその長寿はむしろ苦痛でしかありません。

人生100年時代では下手をすると「長く生き続けることそのもの」が一つのリスクになります。

・・・・・・・

サラリーマンの場合、給料を生活の原資として日常を成り立たせられるのはせいぜい60代までです。

70代以降は年金頼みの生活となり、現役時代と比べればトータルでは必ず収入減となります。

そんな収入減であっても生活資金が十分に足りているなら何の問題もないのですが、もしそれが不十分であったなら、70代以降の人生は高齢で身体が自由にならなかったりするだけに余計に苦痛と感じられるかもしれません。

若いときは耐えられることも歳をとると耐えられなくなる/耐えたくない・・・ということはよくあるものです。

会社からの給料が激減したりストップするタイムリミットはほぼほぼ見えている(≒65歳)のに、何の手も打たずにその日を迎えてその先の人生を苦しむようではうまくありせん。

人生100年時代であっても、給料ストップの年齢は65歳から70歳です。

単純に考えてもそこから先の人生が30年くらいあります。

退職後の残り人生を30年~35年と想定したとき、自分に働く意思があったとしても受け入れてくれるところはかなり限定的です。

「肉体労働関係」がほとんどなので、70歳を過ぎた高齢者にとってその選択肢は無いに等しいと言えます。

仕事をしたくても希望する職種での雇用はない・・・、自身の心身堅牢性から鑑みて実際には思うように働けない・・・とあらかじめ気づくことは大切です。

そうした予備知識/事前の覚悟を持った人こそが今後の人生を有意義に暮らしていけると思います。

生きている限りはどんなに節約ライフ生活を送ったとしても、一か月あたり20万円くらいの生活費用は必要だとみておくほうがベターです。

貨幣価値はその時代環境によって違います。

昔の20万円と今の20万円の価値は違うし、将来の20万円の価値も今と同じではないはずです。

だからこそ、ヘンに預貯金に頼ろうとするのではなく、その時代環境下での安定した収入源に頼ることを意識することが重要になってきます。

自分が働かなくなっても/働けなくなっても、毎月もしくは毎年安定した収入が得られる・・・という権利収入の道を確保しておくと精神的にかなりラクになります。

権利収入は経済的自由を引き寄せます。

経済的自由は精神的自由をもたらしてくれます。

経済的自由は行動的自由をも与えてくれます。

ある程度の年齢になったら、将来の経済的自由を確保することを少しでも検討してみると良いと思います。

 

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-27

    経済破綻しないためのコツ=収入の範囲内で生活

    サラリーマン家計が破綻しないための最大のコツは「その月の収入の範囲内でその月の生活をする/支払いをす…
  2. 2022-1-5

    子どものお小遣い/サラリーマン化の伏線

    幼い子どもは親からお小遣いをもらうことで「自分のお金を得る」ようになります。 …
  3. 2017-6-16

    リーダーが社員に与えるべき正しい負荷とは?

    作用があれば反作用があるように、負荷をかけるとその負荷に反発してある種の「力」が起きます。 筋…
  4. 2019-12-12

    目に見えない妄想にいつまでも囚われてはいけない

    一休さんのとんち話はいろいろありますが、その中の一つにこんなのがあります。 あるとき、一休…
  5. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…
  6. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  7. 2021-3-15

    ウサギの目からカメの目に変えよう!

    寓話「ウサギとカメ」の話は誰でも知っていると思います。 実はこの寓話にはい…
  8. 2016-11-25

    資産が生み出すお金で生活をする、という発想

    お金に色はついていない・・・とよく言われます。 サラリーマンが会社からもらう給料というお金も、…
  9. 2017-6-11

    「新築アパート」の大家さんが収益をうまくあげられない理由

    不動産投資とは「家賃収入を得ること」と言い換えることができます。 日本国内には多くの「大家さん…
  10. 2018-6-6

    紀州のドンファン殺人事件/遺言書を書くべき人たち

    和歌山県田辺市の会社経営者/野崎幸助さん(77)が自宅で死亡していた件・・・が、今マスコミを賑わせて…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る