稼いだお金も貸してもらったお金もぜんぶ同じお金

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

投資には元金が必要ですが、そのため「貯金」という方法で(時間をかけて)お金を貯めることが大切になります。

サラリーマンの場合、会社からもらっている給与収入から毎月使用する必要な分を差し引いた残りが基本的には貯金する原資となります。

このとき、実際には「給料-使用分=貯金額」とするより「給料-貯金額=使用できる金額」とした方がベターです。

また、貯金以外の方法を考えたとき、サラリーマンであっても銀行などからお金を借りて一時的に大金を手にすることは可能です。

その場合、その借りた金額(=融資額)をまるまる貯金額とすることができます。

どちらも同じお金です。

お金に色がついているわけではありませんから、どっちのお金を投資にまわしても基本的には同じことです。

・・・・・・・

仮に2000万円という資金(元金)を貯めようとしたとします。

このとき毎月の給料から貯金できる金額が5万円程度だった場合、単純計算で2000÷5=400カ月=33.3年かかることになります。

数字だけ見ると、ちょっと意欲が萎えます。

だからこそ、この金額を銀行融資という形で一気に手に入れてしまうことを検討することも俎上に上がるわけです。

上記では2000万円という数字に設定しましたが、いくらであっても同じです。

ただし、サラリーマンの場合、自分の年収によって融資を受けられる金額が変わってきますから、その限度額を超えてまで無理をする必要はありません。

投資行為を行なうために自分の意と反して長年ガマンをすることはありません。

融資を受ければその返済が必要なので、そのあたりの計画はしっかり練っておくことも大事ですが、基本的な考え方として「お金に色はついていないのだから、給料から差し引いて貯めたお金も銀行から借りたお金も同じ」という認識を持っておくことは大切だと思います。

また借りるのも銀行である必要もありません。

そう考えれば、どんどん派生して別の手段も見えてくるようになると思います。

思考の枠が広がっていくわけです。

稼いだお金も、人からもらったお金も、誰かに貸してもらったお金も・・・ぜんぶ同じお金です。

お金を借りる・・・というプロセスを経ると、あっという間に数千万円単位の資金(元金)が手元にやってくることになります。

自分の既存の貯金には一切手を付けることなく、このお金を元金としてビジネスに取り組むことも可能です。

資金を創ることができた後は、その資金を活用するだけです。

軌道に乗せることができれば返済もうまく循環します。

資金をギャンブルに投じてはいけませんが、投資にまわすことで返済利率以上の利回りを稼ぎだせば良いだけです。

必ず「投機/ギャンブル」を避けて、必ず「投資」にのみ資金を活用する・・・。

たったのコレだけのことができれば、まずは生き残り続けることができると思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-6

    秋元康(あきもと やすし)さんの「夢」の言葉

    おニャン子クラブやAKB48など数多くのアイドルを輩出・プロデュースしてきた秋元康さんの言葉にこんな…
  2. 2018-3-11

    【重要】税金を払ってから資産を買うか、資産を買ってから税金を払うか?

    昔、不動産投資を勉強し始めたころに「目からウロコが落ちた学び」がいくつもありました。 そのうち…
  3. 2017-11-1

    一流は「間(ま)」を縮める努力をしている

    毎日何かを連続してやっていると、次の日は「前回(前日)の終わり」からスタートできます。 ところ…
  4. 2021-8-11

    「働いてお金を得る」ことの意味

    どんなにつまらないと思えるような仕事であっても、それが「仕事」である以上は必ず誰かの役に立っているハ…
  5. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…
  6. 2019-6-5

    【重要】投資は必ず「頭金」を用意してから行なう!

    金融投資というのは、文字どおり「資金」をまずは「投じて」、後々に「投じた資金以上のお金を回収すること…
  7. 2017-1-16

    ビットコイン(Bitcoin)とサトシ・ナカモトとクレイグ・ライト

    仮想通貨と呼ばれるものの中で、今一番有名なのはビットコイン(Bitcoin)だと言われます。 …
  8. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…
  9. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…
  10. 2023-1-25

    【重要】今年1年間は稼ぎを諦めてでも仕組みつくりに専念するのもアリ?!

    コロナの特別融資の返済+急激な円安+物価高など、経済環境の悪いところを見つけようとすればいくらでも出…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る