若い会社は社員に夢をもたせよう!

2020-5-24

予定はある意味では未定です。

将来は良い意味でも悪い意味でも、何が起きるかわかりません。

何が起きるかわからないけども、組織の上に立つ人は下の立場の人にいつも将来の夢やワクワク感を持たせる話をしてあげることが大事です。

それはリーダーの務めであり、それを継続して行なうことで、社員の安心感を醸しだしてあげることが必要です。

私もペーペー社員の現役時代には、何回もワクワクするような夢を持たされました(実現したのは少なかったですが・・・)。

ちょっと辛いことがあっても、めげそうになっても、何とか頑張り続けることができたのは、やはりそのときに大小関わらず何らかの「夢」があったからだと思います。

・・・・・・・・・・・・

ベンチャー企業と呼ばれるような若い会社は社員数も少なく、事務所も全然立派でなく、機材や机なども中古品ばかりを使っているようなところが多いですが、でも、社員たちはけっこう活き活きとしている感があります。

創業間もない会社なのでそこは「ないモノ尽くし」です。

人がいない/モノがない/金がない/情報がない/時間がない・・・のオンパレードですが、でも数少ない社員やアルバイトたちがみんな元気はつらつと働いている姿はまぶしく見えます。

それは、みんな「いずれこうなるんだ!」という想い(夢)を持って、みんなで同じ方向に進もうとしているのがアリアリと浮かんでいて、きっと迷いがないからだと思います。

言い換えれば、同じ夢を食べているからだと思います。

逆を言えば、彼らが同じ夢を食べることができずにいれば、目先の大変さや辛さばかりに焦点が当たって、サッサと退職してしまうと思います。

会社が小さければ小さいほど、とにかく社長は社員に対して夢を語り、「自分たちは何を目指しているのか?何のためにこうまでして頑張っているのか?」・・・といったことを何回も何回も話し、伝えることが大切です。

企業理念や事業の目的を社長メッセージとして明確に社員たちへ送り続けることが必要だと思います。

さらに、そうした大きなビジョンを語るだけでなく、社員たちが身近に感じる小さなワクワク感も大切です。

若い会社・・・小さな会社ほど、そうやって社員たちに「夢」を食べさせることが大事だと思います。

 

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-18

    身だしなみとお洒落(オシャレ)の差

    最近は「身だしなみ」という言葉をほとんど聞かなくなりました。 普段お洒落には無頓着な私ですが、…
  2. 2017-8-31

    【不動産】仲介業者が大事にすべき客は買い手?売り手?

    株の売買は証券会社を通さないとできませんが、証券会社からすれば株を買う人も株を売る人も手数料を支払っ…
  3. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  4. 2018-1-4

    1億円のイメージを具現化してみる

    多くのサラリーマンアは、今より給料がアップして年収が増えたらいいなあ・・・と思っています。 そ…
  5. 2018-1-15

    楽しいからラク⇄ラクだから楽しい

    漢字で書くと「楽しい」も「ラク」も「楽」という字ですが、楽しいとラクはちょっと違います。 楽し…
  6. 2017-12-8

    ソクラテスの言葉「お金持ちが…」

    ギリシャの哲人・ソクラテスの言葉にこんなのがあります。 「お金持ちがどんなにその富を自慢しても…
  7. 2019-6-3

    不動産投資(賃貸事業)のしくみ

    中古マンションやアパートや一戸建てを賃貸に出すことで「家賃」を得て、それを自分の生活費として暮らして…
  8. 2017-1-31

    文句を言いたげな社員を味方にする方法(ソクラテス式のマネジメント術)

    サラリーマンというのは自分勝手な生き物で、入社するときはさんざん美辞麗句を並べて、何とか採用してもら…
  9. 2017-10-15

    あなたの収入は何のため?

    私は「不労所得」という言葉を普段使わないのですが、世間一般では「働かないで得られるお金のことを不労所…
  10. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る