買ってくださいと売りに行くのが押し売り営業、売ってくださいと来てもらうのが・・・

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

企業は営業活動を日々営んでいます。

その結果、売上が立ち、経費を差し引いて、利益が残ることで存続し続けられるわけです。

ところが「営業活動」というのは「お客さまに商品・サービスを販売する」ということですから、仕事として行なうにはそれなりに精神的な厳しさがあったりします。

そのため多くの人は営業の仕事に就くことを敬遠しがちです。

でも、私は若いときはそうした経験も有効で、営業活動を経験することでさまざまな艱難辛苦を味わうことも大切なことの一つだと思っています。

きっと後々の人生にプラスの影響を及ぼしてくれるハズです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は昔から、販売/セールスという行為をいかにして精神的ストレスを感じずに行なうことができるか・・・を考えて営業の仕事に臨んでいました。

「買ってください/来てください/お願いします/安くしておきますよ」・・・といった類の言葉を使うと御用聞き営業マンに成り下がってしまうので、私は現役時代、頑としてこうした言葉を使わないで営業をしていました。

一種の自負とプライドです。

こちらからお願いをしてまで買ってもらおうとは決してするまい・・・と心に決め、一つの自分の芯としました。

だからこそ余計にそうしなくても買ってもらえるようにはどうしたら良いのか?をひたすら考えたわけです。

お願いしなければ買ってもらえないような商品・サービスの価値なんて高が知れていますし、おまけにお願いして買ってもらったらどうしても立場的にお客さまが上になって私は卑屈な態度にならざるを得ません。

むしろ、自分(自社)のほうが優位な立場にあって、上から目線でビシッと言ってあげるほうが気持ちがスッキリして後腐れが残りません。

これは「医者」と同じです。

医者は患者さんに「お願いします、この薬を飲んで(買って)もらえませんか」などと頭を下げることはありません。

「このまま放置していたら死んでしまいますよ、それでも構わなければ処方しませんが、早く治したいならこの薬を毎日朝・晩と一錠ずつ飲んでください」とか「次は2週間後に必ず来てください」などと言うわけです。

そして、患者は医者の言うとおりに行動し、最後は「ありがとうございました」と感謝のお礼を言って立ち去ります。

ここがポイントです。

営業でも、営業するほうがお客さまから「ありがとうございます」と言われるほうが仕事は楽しいに決まっています。

感謝される仕事をして気分が落ち込んだりイヤな気持ちになる人なんていないと思います(その逆ならたくさんいるでしょうが・・・)。

買ってくださいと売りに行くのが押し売り営業(訪問営業)だとすれば、売ってくださいと買いに来てもらう仕組みが理想的な営業(注文営業)です。

理想形は後者のほうですが、共に両輪となって機能すると会社はものすごく大きくなります。

売上が大きく伸びると言うことです。

どんな会社にも形式上は「営業部門」があると思いますが、経営リーダーの立場に就いている人は自社の仕組みや構造が「お客さまに買いに来てもらう」ように仕掛けられているかどうかを一度チェックしてみると良いと思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-11

    「安心できる借金」と「不安な借金」の違いとは?

    借金をすることで、人は長い時間を一気に駆け上って自分の欲求を満たすことが可能になります。 ただ…
  2. 2020-12-26

    【必読】3年あれば人生は変えられる

    人生を変えたければ、「住むところ」を大きく変えればまず間違いなく変えられます。 …
  3. 2018-9-12

    飲食店などでの「スタンプカード導入」のコツ

    私がよく行く映画館のビルにラーメン屋さんが入っているのですが、そのお店はスタンプカードを導入していて…
  4. 2018-1-11

    【商品開発】商品が先か?中身が先か?

    何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。 A. ま…
  5. 2022-11-1

    50代になれば今後の生き方を考えておくことも大切に・・・

    人生100年と考えれば、50代はちょうどその折り返し地点に立つ時期です。 …
  6. 2020-11-23

    【覚悟】「自分の身は自分で守るという哲学」から幸運は始まる

    私が不動産投資をスタートしたのは46歳・半ばくらいの頃で、特に師と仰ぐ人もいなければ、メンターと呼ぶ…
  7. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  8. 2017-11-16

    事業が不振だった時の事業報告書は要チェック!

    上場企業では、事業年度ごとに必ず決算短信を提出して広く投資家の人の目に触れるようにすることが義務付け…
  9. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  10. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る