【継続収入】会員制組織の入会営業

学習塾は一種の会員制組織みたいなもので、一度入会するとよほどのことがない限り継続してそこの塾生であり続けます(受験が終わるまで)。

仮に、学習塾の生徒勧誘をする営業マンが毎月10人の生徒を入会させたとします。

そして、仮に一人当たりの月謝は5万円とします。

すると、5万円×10人=50万円の売上です(1か月目)。

2か月目も同様に10人を入会させたとします。

すると、売上は50万円ですが、前月に入会させた生徒の今月分の月謝も50万円ありますから、合わせると100万円になります。

3か月目・・・150万円

4か月目・・・200万円

5か月目・・・250万円

6か月目・・・300万円

7か月目・・・350万円

8か月目・・・400万円

9か月目・・・450万円

10か月目・・・500万円

11か月目・・・550万円

12か月目・・・600万円

となり、1年で合計すると3,900万円です。

毎月々だけで見れば貢献金額は50万円ですが、この営業マンは実質的には1年間で3,900万円分の売上を会社に貢献したことになります。

・・・・・・・・・・・・・・・

人を雇用していると、給料以外の経費もいろいろかかります。

たとえば、社会保険料(厚生年金保険料、健康保険料、雇用保険料、労災保険料)や交通費や、細かいことを言えば電気代・水道代・・・などです。

人間ではなくて、機械が代わりに同じことをやってくれればかなりの費用を削減できます。

今ではインターネットがあります。

インターネットを利用して、ホームページやランディングページなどを作り、そこに見込み客を誘導することができれば、場合によっては人の手を一切かけずに営業マンの手をかけたのと同じ効果を得ることができます。

ネット入会 0人/営業マン入会 10人

だった入会生徒数を、インターネットを使うことで、

ネット入会 10人/営業マン入会 0人

とすることができたとします。

このとき、会社の売上金額は同じ10人ですから変わりません。

でも、必要になった経費が大幅に違います。

インターネットはパソコン代・電気代・通信回線代くらいです。

おそらく営業マンの人件費の100分の1以下で済むと思います。

・・・とまあ、ここまでは机上の空論ですが、でもかなり現実的な話です。

規模の大小はあっても、インターネットを活用した集客方法を使えば、経費は大幅に抑えることができます。

特にこうした会員制組織に近い形態については有効な営業手法だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-5-21

    お金を稼ぎたい人の動機3パターン

    お金を稼ぎたい人の動機はだいたい3パターンに分かれます。 一つは家計を「マイナスから0」にする…
  2. 2018-1-15

    楽しいからラク⇄ラクだから楽しい

    漢字で書くと「楽しい」も「ラク」も「楽」という字ですが、楽しいとラクはちょっと違います。 楽し…
  3. 2017-9-27

    欲しいモノがあるのに、お金がないとしたら・・・

    何か(商品・サービス)を欲しいなら、お金を出して購入すれば誰でも手に入れることができます。 と…
  4. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  5. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  6. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  7. 2018-1-15

    残業が減って「副業」が認められる時代

    昨年大きな話題となったことの一つに「電通に端を発する長時間労働問題」や「政府公認による企業の副業禁止…
  8. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  9. 2019-6-24

    経営者/リーダー/マネージャーの違い

    経営者もリーダーも時には同じ意味で用いられることが多いですが、会社組織の中で、あえてそれを分けて考え…
  10. 2017-6-16

    リーダーが社員に与えるべき正しい負荷とは?

    作用があれば反作用があるように、負荷をかけるとその負荷に反発してある種の「力」が起きます。 筋…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る