有料セミナーや情報商材よりも「読書」を優先

新規ビジネスは「小さく始める」ということが大切です。

 

なぜなら、そのほうが失敗するリスクは低くて済み、失敗するリスクが低いということは致命傷を負わずに済む・・・からです。

 

ビジネスで失敗を恐れる必要はないのですが、致命傷を恐れる必要はあります。

 

致命傷さえ負わなければ、「次」があるから大丈夫ですが、致命傷を負うと次がなく、本当に大失敗となってジ・エンドです。

 

だから、最初は小さくスタート・・・が肝心です。

 

・・・・・・・・・・・・・

ビジネスに限らず、スポーツでも趣味の世界でも勉強でも、最初は手近なところから・・・少額の出費から・・・小さな事から・・・で始めるのが良いと思います。

 

資格取得の受験勉強をするにしても、いきなり専門学校に2年分の学費を払い込むよりは、まずはその分野の本を1冊読んでみることが大事だと思います。

 

野球を始めるときに、いきなり高級バット・高級グローブ・高級スパイク・ソックス・・・と全部揃えるのではなく、まずは安いもので良いのでバットとグローブとボールを用意するところから始めるのが良いと思います。

 

何かを始めるとき、その分野においてまだ知らないことがたくさんありますから、まずは知識武装を心がけることが必要です。

 

基本もできていないのにいきなり応用技なんてできない・・・ということです。

 

一番手軽で、効率も効果も抜群なのは「読書」です。

 

「本を読んで基礎知識を身に付ける勉強をすること」が大切です。

 

いきなり、高額な有料セミナーに参加してもそこで用いられている言葉についていけませんし、概念も良く理解できず、結局初歩的にわからないことだらけで、あまり効果はありません。

 

そのくせ、高額な有料セミナーですから費用(出費)はかなりの額になります。

 

ハッキリ言って無駄であり、もったいないことであり、そういうやり方をしている人は習慣的に「稼げない人/成果を出せない人」になっている恐れがあります。

 

5万円の有料セミナーや情報商材は買ってしまうのに、1000円~1500円の本を買うことはない・・・というのは残念なことです。

 

5万円のセミナーや情報商材を買うお金があれば、1500円の本を30冊買えます。

 

古本屋さんで購入すれば50冊以上は買えます。

 

ある特定の分野で、30冊ないしは50冊もの本を読破すれば、それなりの基礎知識や考え方やノウハウは頭に入ります。

 

そのうえで、改めてセミナーや情報商材を購入する必要があるかどうかを検討するほうがベターだと思います。

 

順番を逆にする人は、往々にして高いレベルでの結果を導くことができず、いつも中途半端に途中であきらめて投げ出してしまう人に多いような気がします。

 

○○・・・ということを他人から教えてもらっても、頑(かたく)なに自分の習慣を変えようとせず、したがっていつも同じ道を繰り返す・・・ような人はいつまで経っても成功者になれない・・・かもしれません。

 

何かを始めるなら、その分野に関する本をまずは数冊程度で構わないので読み、基礎知識の習得に努めることが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-5-27

    人前で話すときに緊張しない方法とは?

    私が社内研修等で人前で話をしていたとき、いつも話したいことをたくさん用意していました。 たとえ…
  2. 2017-10-15

    あなたの収入は何のため?

    私は「不労所得」という言葉を普段使わないのですが、世間一般では「働かないで得られるお金のことを不労所…
  3. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  4. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…
  5. 2017-10-1

    【必読】恐怖を軽減させる手法とは?

    人は恐怖を感じると、身が縮こまって動きが取れなくなります。 主な原因は脳が一時停止してしまい、…
  6. 2017-7-31

    【警告!】洗脳にご注意を…【自己防衛術】

    世の中には悪だくみをする人がいるもので、特に詐欺に関しては「私は詐欺師です」なんて自分から言うはずが…
  7. 2018-10-10

    住宅ローンと団体信用生命保険と不動産投資の使い方

    「30代の子ども有りの夫婦」が住宅ローンを組んで自宅を購入する場合、一般的に多いパターンとしてはこう…
  8. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  9. 2018-3-9

    子どもの人生を左右する親の姿勢

    東大に合格した学生の多くは、子どもの頃に親から「もっと勉強しなさい!と言われたことがほとんどない」・…
  10. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る