「テレワーク」という言葉もいずれ死語になるかも?

コロナ以前は「いかに人(顧客・社員)を集めるか」がビジネスでは大事でした。

コロナ禍にあっては「ビジネスモデルの修正」が必要になりました。

経営者は、今後コロナが終息していく過程ではどんなことがより求められていくのか?・・・をそっと考えておくと良いと思います。

答えは一つだけとは限りません。

複合的な答えが求められると思います。

・・・・・・・・・・・・・

インターネットが存在しいていない時代と今のように存在している時代とでは、世の中の仕組みや考え方や流行が大きく変化しています。

いずれもほとんど誰も予測・予想ができなかったことだらけです。

同じことが今後にも起こりうると思います。

今の段階での知識等では想像もできないような新たな時代がやってくるように思えます。

コロナ禍によって大手企業をはじめとした多くの会社では人員が削減されました。

そして「在宅勤務/テレワーク」が声高に叫ばれるようになり、一部ではそれが浸透してきた感もありますが、今後はそれがさらに進化して、在宅勤務自体が減少していくこともありえるかもしれません。

 

「テレワーク」という言葉がやがて死語になる時代もくるかもしれません。

 

雇われの身としては、そうなったときに急なリストラで現実を知るのか、それとも未来の可能性を(今はわずかであっても)想定して今から動いているのか・・・で、全然違う生き様になると思います。

 

雇う側の身としては、経営ひっ迫を起こさないように自社ビジネスモデルを再検討し、世の中の流れに逆らわないようにしつつも決して迎合することなくかじ取りをしていかなければいけません。

 

言えるのは、今後ますます企業にとって必要な人材とそうでない人材がハッキリと色分けされ、こっそりと区別されていくだろう・・・ということです。

 

テレワークすらも本当に死語になっているような時代ではどんな人材が求められているか?・・・なんて今の段階では想像もできませんが、特にサラリーマンは「市場価値の高い人材を目指すことはいつの世であっても重要」だとしっかり認識することが必要です。

大企業に入ったから大丈夫・・・資格を取ったから安泰・・・という時代はとっくに終わっています。

 

これからはより一層個人で稼ぐ力が求められると思いますし、本業だけに頼らない「複数の業を持つ」必要性が高まると思います。

 

変わらないのは、常に自己研鑽と行動が求められていることですから、人生死ぬまで勉強だ・・・という意識をもって行動したほうが良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…
  2. 2016-11-14

    女性の化粧に学ぶマネジメント術

    サラリーマンは理由で動きます。 ビジネスマンは目的で動きます。 ・・・・・・・・・・・・…
  3. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…
  4. 2020-2-23

    お金の心配がないことで変わること

    経済的に自由な状態にあるということは、「多少のお金のことなら心配がない」というだけのことなのですが、…
  5. 2017-5-13

    中途採用で求められるのは、即戦力+成長力のある人材

    企業で中途採用を実施しているところは多くあります。 そうした企業で求める人材というのは何も「即…
  6. 2019-1-25

    サラリーマンが同じ業界で独立起業するコツ

    よく言われることですが、サラリーマンが会社を辞めて独立起業するとき、それまで自分がまったく経験をして…
  7. 2018-1-30

    欲をかかなければ老後の20万円収入はカンタンに手に入ります

    銀行預金にお金を置いておいてもほとんど利息はゼロ円の時代です。 老後の生活費を貯金の取り崩しで…
  8. 2022-8-6

    「お金を切り崩す老後生活」から抜け出そう!

    一説には老後資金に必要な金額は夫婦2人で2千万円とも5千万円とも言われていますが、どれも正解であり不…
  9. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  10. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る