断り方の公式/上手な断り方

仕事で、何らかの事情で「断る」ことをしたいのに、何だか断りにくい・・・ということがあると思います。

一つは、相手への申し訳なさ・・・であり、一つは、自分の優柔不断さ・・・かもしれません。

そんなときは、ある程度割り切って断るためにも、普段から自分の中に「断る哲学」を持っていて、いつも同じようなパターンで統一的に断るようにしておくと、気持ちがラクだと思います。

そのヒントはこうです。

「断る+理由+代替案+謝意」で断る・・・です。

「断ると何となく角が立つかも?・・・」と思うと断りづらくなりますので、そう思わないためにも「いつも自分はこうやって断ることにしている」という哲学を持っていると、その苦痛がかなり和らぎます。

 

角が立つかどうかなんて、本当はあまり気にする必要はないのですが、断るの言葉の後に「その理由(わけ)+代替案+謝意」をキチンと付け加えておけば、角が立つ恐れは低くなると思います。

 

また、断る場合はできるだけ速やかに「迷わず断る」ことが重要です。

迷った素振りを見せると、「断る理由を今、無理矢理に考えている」・・・と相手に思われてしまう恐れがあります。

 

あまり迷わずにサッと断ることで、自分の意思の固さ、自分のポリシーの固さが相手に伝わりやすくなります。

 

サッ!と断るためには、仕事でも人生でも、「自分の中での優先順位」を決めておくことが大切になります。

・・・・・・・・・

日本人はとかく「優しい」性格の人が多く、相手の気分を害したくない・・・とか、断ってイヤな人だと思われたくない・・・といった自己犠牲の気持ちになって、「つい引き受けてしまう」という人も多いような気がします。

 

そうした姿勢はある意味では立派で称賛に値する面もありますが、仮にそうすることで自分に強烈な負荷がかかり、ストレスが溜まって精神的に病んでしまうようでは意味がありません。

 

実際の仕事の中では、たいていの場合であれば「断る」ことによって特段大きなデメリットは生じないものです。

断ってみるとわかりますが、むしろ「断る」ことで多くのメリットが得られる場合も少なくないと思います。

 

勇気をもって断る・・・ただしその際は「断り+理由+代替案+謝意」を忘れずに伝える・・・ということが有効だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-3-25

    【2020年3月株式暴落状態】株価暴落時の株の買い方

    3月の株式市場では上場している株式がほぼ全面安・暴落状態となり、ほんの1ヶ月前と比べると2割~3割ほ…
  2. 2018-2-14

    【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

    バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確に…
  3. 2017-8-21

    昨日まではうまくいっても、今日はうまくいかないこともあります

    「昨日までの成功方法が今日からの失敗方法に変わることもある」・・・と思います。 なぜなら、時代…
  4. 2018-1-22

    「一人王様ゲーム」をやってみませんか?

    昔、合コンや飲み会で「王様ゲーム」というちょっと危ないゲームが流行ったことがあります。 割り箸…
  5. 2018-2-27

    営業で売り込まれることを人は望まない

    下手くそな営業手法は「売らんがために自分勝手で、都合の良いことだけを喋りまくる」ようなやり方です。 …
  6. 2020-6-11

    安易に「副業」を始めて二重に苦労をしてはいけない・・・

    ちょっと前まで新型コロナで世間は不安と恐怖でいっぱいだったと思いますが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」・…
  7. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  8. 2019-6-28

    その人は何の「プロ」なのか?

    世の中には「プロ」と「アマ」の2とおりの人がいます。 「プロ(プロフェッショナル)」とは、…
  9. 2018-1-21

    生命保険を使って相続税を安くする方法

    「相続税を節税するため」の生命保険商品があるそうです。 相続税は、一定の資産を持つ人が死亡した…
  10. 2018-2-4

    ピンチ(問題勃発!)のときはこう考えよう・・・

    問題が起きた時には「今、自分は試されてる」・・・と思うようにすると、人は冷静になれます。 何か…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る