読本(読書)から「活本」へ・・・

昔から「読書の秋」と言われてきましたが、年を追うごとにその意識を持つ人/行動で示す人は減ってきたように思えます。

 

そういう私もここ数年、読書量がかなり減っていて、ちょっと反省している今日この頃です。

 

・・・・・・・・・・

人によって性格が違いますから、ある本が面白いと言う人がいる一方で、その本は全く面白くない、と言う人がいます。

 

まだその本を読んでいない人からすればどちらの意見を参考にすればよいのか迷うところですが、結論から言えば「本選びは他人の意見に左右されてはいけない」だと思います。

 

書店でも、自分の目で本をパラパラとめくってビビビッと何か感じるものがあるなら、迷わずその本を買えば良いと思います。

 

他人の評価が自分の評価と一致するかどうかなんてどうでもよいことですし、「自分にとってどうか」を他人が分かるハズもありません。

 

人それぞれその置かれている位置・立場・環境が違いますから、欲するところ(次元)も異なります。

 

また、たとえば「経営者向けの本」なのに、そこで評価をしているのは経営者とはかけ離れた一介のサラリーマンばかりであれば、そもそもどの意見も参考にする必要がないと言えます。

 

たまたまどの意見も悪い意見ばかりだったとき、経営者の人がその酷評を鵜呑みにして本を買わないでしまったら悲劇です。

 

・・・・・・・・

「この本は面白かった/つまらなかった/参考になった・ならなかった・・・・」とは誰でも言えることですが、一歩進んで「この本は、この部分が、こういう場面・人に活かせる」と具体的な対象を明らかにして評価してくれているととても参考になります。

 

本は「読んで終わり」ではなく、「読んだところが次へのスタート」です。

 

したがって、「活かす」という意識が大事です。

 

大事なことなのでもう一度書きます。

 

「次へ活かす」ことが読書では大事です。

 

その意識を持って読書する人と、その意識を持たずに読書をする人とでは、同じ量の本を読んでもその後の行動が全然違ってきます。

 

自分にとって有用な部分を本の中から見つけ、自分なりにこう活用する・・・という自分だけの読み方を身につけると良いと思います。

 

秋の夜長を過ごすにあたり、読書を「読む本」ではなく「活かす本」として「活本」という認識で取り組むと読書の秋は本当に良いものになっていくと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …
  2. 2018-2-1

    私が定期的に歯医者に通っている理由

    一昨年くらいから、私は定期的に歯医者に通っています。別に虫歯があるわけでも何でもなく、いたって正常で…
  3. 2019-6-20

    定年退職時5000万円の持ち金の行方

    仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退…
  4. 2021-6-8

    雇われる立場から脱却する思考回路を持てるか?

    サラリーマンは「仮に今、会社を辞めて同じ仕事に就いたとき、果たして今と同じような生活をしていけるだろ…
  5. 2017-5-24

    【重要】「人生お金がすべてではない」とは誰が言う言葉なのか?

    「お金(給料・報酬)で仕事を選ぶ人」は、結局のところ、お金を向いて自分の行動基準を設定しています。 …
  6. 2019-3-21

    転職後に留意すべき3つのこと

    会社を辞めて別の会社に転職することは、今では決して珍しいことではなくなりました。 私が転職…
  7. 2017-11-1

    【ビジネスチャンス】「場」を設けられる人=「お金」を儲けられる人

    本屋に行くと「株で1億円儲ける○○」「FXで10万円を△△倍にする方法」「インターネットで□□円稼ぐ…
  8. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  9. 2017-10-14

    年収ばかりを追い求めないで・・・

    人が幸せを感じる主な要因の一つに「お金(収入・貯金)の満足度」が挙げられます。 確かに、収入が…
  10. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る