商品・サービスに「価値がある/ない」は需要者側が決めることです

「あなたが正しいなら、あなたは既に稼いでいるはずである」・・・という言葉があります。

つまり、もし自分が稼げていないとしたら、「自分は正しくない(適切でない)」・・・ということです。

「正しくない」のは考え方なのか、行動量なのか、行動の方向性なのかはわかりませんが、「何らかの正しくない自分」であるから稼げていないと理解することが大切だと思います。

試験に合格する・しないも同じです。合格できないとしたら、「何らかの正しくない自分」がそこにいるわけです。たいていの場合は、行動量(勉強量)が不足している自分・・・です。

・・・・・・・・・・・・・・

結果を出している人は、結果に対して「正しい動き」をしています。

ネットオークションでは「え~っ!こんなモノが・・・」と思うようなモノでも取引されています。

取引されるということは「値段」がついているわけで、「需要がある」ということです。

ある人には「捨てる」という無価値なものであっても、別の人にとっては「欲しい!」となり、値段がつくわけです。

そういう人(=自分とは異なる考え方の人)が世の中にはいる・・・そういう人が求める場に(=オークションの場に)商品を提供すればお金に換えられるかもしれない・・・という「正しい自分」がいれば、お金を稼ぐことができます。

自分では「無価値」と判断することでも、世の中には「価値あり」と判断する人がいるかもしれません。

そういうところには需要がある限りビジネスが成立します。

価値がある/ないは自分で勝手に決めても良いけど、それが世間の常識と言えるかどうかは別モノだ・・・ということです。

ましてや「他人に強要するものでもない」です。

人生においても同様で、「自分の人生が無価値」と判断するのは自分の勝手ですが、だからと言ってそれを他人に押し付けるのはうまくありません。

自分の人生は価値アリ!・・・と思っている人は世の中にたくさんいるものです。

ちょっと話はズレましたが、とにかく商品価値の有無は供給者側にも決める権利はありますが、重要なのはそれ以上に需要側が決める!・・・ということです。

だからビジネスは面白いのであり、ビジネスの可能性/チャンスは無限に広がっているのだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-12-29

    為替で1ドル117円30銭~40戦という意味

    今年の1月は1ドル≒117円台でした。 12か月間でいろいろ動いて、結局この年末の為替相場は1…
  2. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …
  3. 2017-11-6

    【重要】罰する必要のない人を罰しない!

    自分の人生がうまくいってる・・・と思う人は、心が穏やかになって他人に接する態度も柔らかなものです。 …
  4. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  5. 2019-8-23

    元・銀行員…がお金のプロとは限らない

    インターネットを利用して、セミナービジネスや、情報商材ビジネスや、塾・サークルビジネスを始める「元・…
  6. 2018-1-10

    昇り坂の儒家、降り坂の道家

    「昇り坂の儒家、降り坂の道家」という表現があります。 意味はこうです。 昇り坂、つまり人…
  7. 2017-11-1

    【ビジネスチャンス】「場」を設けられる人=「お金」を儲けられる人

    本屋に行くと「株で1億円儲ける○○」「FXで10万円を△△倍にする方法」「インターネットで□□円稼ぐ…
  8. 2019-7-22

    ローマ帝国が永らえたわけ/フォードの勝利

    ローマのカエサルは借金王とも呼ばれたそうです。 カエサルは、「借金が少額のうちは貸した者が…
  9. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  10. 2017-5-20

    さて、私は誰でしょう?

    ここにある「私」がいます。 私はいつもあなたに付き添っています。 私はあなたにとって一番…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る