新たな「経済効果」と「雇用創出」となるか?!

1年前の2018年7月20日、日本におけるカジノ実施法案が衆参賛成多数で可決成立しました。

当時、政府は西日本の豪雨災害の支援、復興対策を後回しにしてまで、このカジノ法案を臨時国会で可決することを目指していたように思えます。

例年よりもわざわざ10日以上も会期を延長してまで・・・です。

・・・・・・・・・・・・・

「カジノ」と聞くと、何となくダークなイメージを持つ人は多いと思います。

真っ先に頭に浮かぶのは「ラスベガス」や「ギャンブル」といったイメージです。

でも、今ここで話題になっている「カジノ」というのは、昔のイメージからかなり改善されてギャンブル色は弱いと言われます。

今では「家族で楽しめる大型リゾート地」としてのイメージが海外では定着しつつあるようです。

同様に、日本で建設されるカジノIRにも、歌舞伎などの日本独自の伝統文化や芸術をエンターテイメント性溢れるコンテンツとして世界へ発信する意図があるそうです。

つまりカジノIRは単なる賭博場ではなくて、「カジノIR=大型リゾート商業施設」としてとらえたほうが当たりだということです。

そして、そうしたところには必ず利権が絡み、巨大産業の裏で跋扈する輩が登場してきます。

憂えるべきはこちらのほうかもしれません。

カジノ法案が具現化されていくことによって、日本の景気は今後10年足らずで一変する可能性があります。

だからこそ日本版カジノIRの誕生に政府はあんなにも躍起になったのかもしれません。

また、目鼻が利く世界の富豪や投資家たちも日本に注目しているとも言われます。

確実に、「新たな職業」が誕生します。

カジノディーラーやIRマネジメントなど、これから増えていく職種も多々あるハズです。

数万人~数十万人の雇用創出が見込まれるとも聞きました(本当にそうなるかどうかはわかりませんが・・・)。

職種が増え、雇用が生まれれば、日本全体が好景気に傾いていきます。

一説では、予測される経済波及効果は総計47兆円にも上るとか・・・。

いわゆる「カジノIR長者」も生まれてくることでしょう。

投資家として、ビジネスマンとして、経営者として、このチャンスを無視することができなくなる人が続出するかもしれません。

今の段階では、まだまだ「先読み」レベルで「淡い期待感」ですが、これが徐々に現実味を帯びてくると、世間は何かと騒がしくなって熱気にあふれた一種のバブルにも似た現象が起きてくるかもしれない・・・ですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…
  2. 2017-11-1

    一流は「間(ま)」を縮める努力をしている

    毎日何かを連続してやっていると、次の日は「前回(前日)の終わり」からスタートできます。 ところ…
  3. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  4. 2018-2-14

    【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

    バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確に…
  5. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  6. 2018-1-31

    トマス・J・スタンリーに学ぶ「お金持ちになるコツ」とは?

    『隣の億万長者』という本で有名な作家のトマス・J・スタンリーは、お金持ちになるコツとしてこんなことを…
  7. 2017-4-22

    仕事を効率よく行うコツとは?

    あと1週間くらいでゴールデンウイークですね。 溜まっている仕事を片づけなければいけない・・・ゴ…
  8. 2018-4-6

    投資資金を区分けすることも大切です

    お金がある程度貯まってきたら、人はそれを使って「お金を増やしたい」と思い始めます。 お金を増や…
  9. 2018-6-11

    【注意】無用なアドバイスは価値観の押し付けになる

    人は他人に何かを教えてあげたり、アドバイスをすることに喜びを感じます。 アドバイスできるのは、…
  10. 2019-10-31

    投資から目を背けてはいけない

    5月から「令和」時代が始まり、早6ヶ月(=半年)が経とうとしています。 これからの時代は、昭和…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る