地方銀行はますます淘汰・合併の嵐に

9月は多くの民間企業で「第二四半期」と呼ばれる決算の時期です。

銀行(金融機関)も同様です。

この決算期を無事に通過できないところは会社存亡の危機となって、最悪の場合は消えゆくのみ・・・です。

・・・・・・・・・・・・・・・

お金であれ、何であれ、貸し手と借り手との関係では、原則として借り手のほうが弱い立場になります。

多くの中小企業では地元地盤の金融機関から融資を受けたいと考えており、貸し手であるその金融機関の言うことに(心の中では納得していなくても)逆らうことができません。

逆らったり、断ったりすると、融資を受けられなく恐れが高いからです。

あえて上下関係をつけるなら、上位が地域金融機関で、下位が中小企業といった感じです。

そんな地域金融機関のホームページには、「地域社会の繁栄・発展・暮らしに貢献し、奉仕します」・・・「お客様のニーズに応えて誠心誠意尽くします」・・・「地域の皆様に愛される企業を目指します」・・・などと書かれていますが、どれも美辞麗句で虚しい響きがするだけかもしれません。

貢献や奉仕という言葉からは「自分のことは二の次で相手のことを優先する」と本来は読みとることができるのですが、実際の言動は一致していないようにも思えます。

・・・・・・・・・・・・・・・

地域の経済が活性化することで、自然と金融機関にも恩恵が届き、儲かる仕組みができあがっていきます。

そうなれば、地域創生にもつながります。

ところが、今の世の中はちょっとズレていて、なかなか地域の活性化は進まず、つれて金融機関の利益も以前より少なくなってきている・・・といわれています。

要は「昔ほどは儲からなくなった」わけです。

地方の金融機関も生き残りをかけて経済競争に参加する覚悟が必要になりつつあります。

今後、中小企業はどこからお金を借りても同じだ・・・という発想が強くなれば、地域の金融機関の経営はますます苦しくなります。

これからは、地域金融機関の特徴が明確化され、生き残る勝ち組と、生き残れない負け組とに分かれていくと思われます。

2つの銀行(金融機関)が一つになり、その銀行(金融機関)も数年後には再び淘汰のはざまで消えるところと残るところに分かれ、どんどん数が減っていく・・・を繰り返していくかもしれません。

結局、数行(数社)あった金融機関が一つになってしまう・・・という現象があちらこちらで起きていくかもしれません。

難しく言うと、経済の縮小が起きる・・・ということです。

かつての「護送船団方式」で守られていた時代を懐かしむ人はもう少ないと思いますが、「護送」ではなく「(生存)競争」が求められていると気づき、対処する姿勢が大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-9-12

    飲食店などでの「スタンプカード導入」のコツ

    私がよく行く映画館のビルにラーメン屋さんが入っているのですが、そのお店はスタンプカードを導入していて…
  2. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…
  3. 2017-2-25

    不動産セミナーで講師が話したキツイ嫌味

    過日(・・・と言っても随分前のことですが)、ある不動産セミナーに参加したときの話です。 その時…
  4. 2017-11-23

    1日8時間労働に囚われていませんか?

    今日(11月23日)は、勤労感謝の日ですね。 いつも健康で働ける身体があること、働く職場がある…
  5. 2018-10-10

    住宅ローンと団体信用生命保険と不動産投資の使い方

    「30代の子ども有りの夫婦」が住宅ローンを組んで自宅を購入する場合、一般的に多いパターンとしてはこう…
  6. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…
  7. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  8. 2018-1-31

    トマス・J・スタンリーに学ぶ「お金持ちになるコツ」とは?

    『隣の億万長者』という本で有名な作家のトマス・J・スタンリーは、お金持ちになるコツとしてこんなことを…
  9. 2020-11-23

    【覚悟】「自分の身は自分で守るという哲学」から幸運は始まる

    私が不動産投資をスタートしたのは46歳・半ばくらいの頃で、特に師と仰ぐ人もいなければ、メンターと呼ぶ…
  10. 2017-3-27

    継続すればいつか到達できます

    たとえば、今高速道路を走っていて目的地は100km先にあるとします。 高速道路ですから、時速1…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る