巨人の肩の上に立つ ↔ 車輪の再発明

アイザック・ニュートンは万有引力を弱冠22歳のときに発見しました。

彼は同じ科学者であるロバート・フックへの手紙の中で、「私が遠い彼方(かなた)を見渡せたのだとしたら、それは偏(ひとえ)に巨人の肩の上に乗っていたからです」・・・と書いています。

 

ここで言う「巨人」とはすなわち「先人」のことです。

 

「先人の積み重ねた発見(成果)があったからこそ、そのおかげで自分は新しい発見を行えた」・・・という意味だと思います。

 

後人の新たな成果というのは、先人の成果や知識をもとにすることができたおかげであり、そうやって数々のショートカットができたからこそ生まれるものだ・・・という謙虚な考え方ですが、確かにそのとおりだと思います。

 

ニュートンが言いたかったのは、「諸先輩たちの研究があったからこそ、私は万有引力の法則を発見できた」・・・なのだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

「巨人の肩の上に立つ」・・・という話はビジネスの世界では有名な話ですが、これの対義語は「車輪の再発明」だとされています(あくまでも比喩表現です)。

「車輪の再発明」というのは、既に存在している解決法があるのに、それを全然探そうともせずに同じものを自分だけで一から作ることを指しています。

「車輪」というのはもう既に発明されているのに、改めて車輪を発明しようと努力するのは無駄なこと・・・愚の骨頂だということです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

ビジネスでは知らず知らずのうちにこうした「巨人の肩に立つ」ことを多くの人が行なっています。

 

「巨人の肩の上に立つ」ということは、ゼロから何かを始めるのではなく、ある程度進んだ状態からスタートを切ることです。

 

起業に限らず、ビジネス(仕事)全般が「巨人の肩の上に立つ(standing on theshoulders of Giants)」ことで効率を上げることができそうです。

 

今抱えてる何かしらの課題も、それがビジネスであれ、人間関係であれ、健康であれ、先人の知恵を借りれば解決する近道が既に用意されているかもしれません。

自分ひとりで解決しようとしないことが肝です。

場合によっては、その課題をすでに解決している人がこの世のどこかに存在しているかもしれません。

 

昔だったら、そういう人に巡り合うことはかなり困難でしたが、インターネットの普及によって昔よりははるかに簡単にそれができるようになりました。

 

車輪の再発明をして時間の無駄を繰り返すことがないように、人は日々勉強の精神で学び続けることが大事です。

 

そして、現代社会に溢れるさまざまな文明の利器に感謝して「巨人の肩に立って」物事を推し進めていくと、(良い悪いは別として)さらに文明を発展させられると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-7-16

    太宰春台の『産語』に学ぶリーダーの姿勢

    江戸時代中期の儒学者「太宰春台(だざい しゅんだい)」の著書『産語』にこんな話があります。 あ…
  2. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  3. 2017-10-11

    あなたが一番勉強したのはいつですか?

    多くの人は中学から高校へ進学するときに「勉強」をたくさんします。 なぜなら、人生初めての選抜試…
  4. 2018-1-11

    【商品開発】商品が先か?中身が先か?

    何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。 A. ま…
  5. 2018-8-7

    「働く」のは自分ではなくお金を!

    海外旅行に行くといつも思うのは、たとえ自分が飛行機に乗って雲の上だろうが、客船に乗って海の上だろうが…
  6. 2018-6-6

    紀州のドンファン殺人事件/遺言書を書くべき人たち

    和歌山県田辺市の会社経営者/野崎幸助さん(77)が自宅で死亡していた件・・・が、今マスコミを賑わせて…
  7. 2019-1-29

    光あるところに「別の光」もある

    西暦1850年前後のアメリカ・カリフォルニアで広範囲にわたって金脈が発見されたため、一獲千金を狙って…
  8. 2016-11-14

    女性の化粧に学ぶマネジメント術

    サラリーマンは理由で動きます。 ビジネスマンは目的で動きます。 ・・・・・・・・・・・・…
  9. 2020-10-19

    人生で重要な1番と2番=健康とお金

    老若男女、生きていくうえでと重要なことの最大テーマは?・・・というと、 1.健康 2.お…
  10. 2020-1-3

    お金の使い道は大きく3つ/投資のススメ

    子どもの頃、「お年玉は貯金しなさい」と親に言われた人は多いと思います。 私もそうでした。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る