経営者は「ビジネスに取り組む」ことが大事です

「家賃200万円のお店を1軒持ってビジネスをする」よりは、「家賃20万円のお店を10軒持ってビジネスをする」ほうが、同じ「家賃総額200万円の費用をかけたビジネス」であってもリスクが分散されるので安心感があります。

 

投資でもよく言われる「リスク分散の発想」はビジネスにおいても重要な視点となります。

 

上記の例で言えば、リスク分散を講じておいたほうが仮に1つのお店が不振でも残り4つのお店でカバーすることができます。

 

一つのお店だけだと、その一つのお店が振るわなかったとき、すべてがアウト!となってしまいます。

 

事業家の中には見栄を張っていきなりドーン!と大きくお店を構えたビジネスを始めたくなる人もいるかもしれませんが、多くの場合、それはやはりキケンな賭けとなります。

 

起業時にいきなり都心のど真ん中で広いオフィスを構えて、新築のビルに広い事務所を開き、テーブルから椅子から何から何まですべて新品で誂(あつら)える・・・というのは決しておススメできません。

 

ましてや脱サラをして初めて経営に乗り出すような新規参入者であれば、それは愚の骨頂と言われてもしょうがないことだと思います。

 

最初はそんなところにお金をかけず、すべて中古品レベルで構わない・・・と判断・実行する起業家のほうが見ていて安心です。

 

経営の基本は「入るを量りて出ずるを制す」・・・であり、経営者はビジネスを行なうことが使命ですから見栄えや自分の見得にこだわらないほうがベターです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

多くの起業家は、「ビジネス作りに取り組む」のではなくて、「ビジネスで働こう」としているような気がします。

 

そんな人は、たいてい失敗します。

 

「ビジネスに取り組む」というのは、簡単に言うと社長がいなくても売上が伸びていくような状態を作りだすことです。

そのために必要な社内体制として考えられることは、例えば新規のお客さまからの問い合わせが絶えることなく来るような仕組みを作る・・・一定の割合で購入してもらえるような仕組みを作る・・・社員が自発的に考えて動けるような組織を作る・・・などです。

 

一方、「ビジネスで働く」というのは社長自身が絶えず一生懸命に立ち回ることが必要な状態にあるビジネスです。

 

社長(経営者)が動かないと仕事が回らないようではその後の発展が期待できません。

「ビジネス作りに取り組む」には、

1.ビジネスモデルを構築する

2.集客の仕組みを作る

3.自社商品を差別化する

4.社員を教育する

・・・などが求められます。

 

その意識を持って起業する姿勢は大切ですし、起業時にその意識が欠けていてもどこかのタイミングで意識づけを改めることが大事です。

「ビジネスで働く」のではなく「ビジネス作りに取り組む」という姿勢を持つ・・・。

この視点は本当に大切だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  2. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  3. 2017-5-14

    事実と意見の違いに注意を!

    本を出版するときは必ず「プロフィール」を記載します。 これがけっこう曲者(くせもの)です。 …
  4. 2017-7-9

    【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

    高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞…
  5. 2017-3-9

    歳をとるほどに若者と話すときの留意点とは?

    同じ家に住む家族であっても、親と子どもの見ている視界は別々です。 子どもが小さい頃には、親は子…
  6. 2020-10-19

    人生で重要な1番と2番=健康とお金

    老若男女、生きていくうえでと重要なことの最大テーマは?・・・というと、 1.健康 2.お…
  7. 2017-9-9

    【投資】ローリスク・ハイリターン商品が無いわけ

    投資でも投機でも、リターンを求める行為に「リスク」は付き物です。 人はリスクを嫌いますから、一…
  8. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  9. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  10. 2018-11-1

    投資における借金は「良い借金」

    投資を考えたときに、自己資金だけで行なうのも勿論アリですが、あえて借金をすることでレバレッジを効かし…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る