リーダーは当事者意識を強く持つことが大事

企業組織はトップ(No.1)とNo.2で決まります。

特にトップの力量次第で、その組織の限界が作られてしまいます。

トップリーダーはプロ意識を他の社員以上に強く持つことが大事です。

プロ意識の代表例は10個あります。

「顧客意識・納期意識・魅力意識・目的意識・目標意識・当事者意識・問題意識・改善意識・コスト意識・品質意識」です。

その中の一つが「当事者意識」です。

リーダーは当事者意識を強く持っていなければ、常に他人事意識になり、責任を負うべき局面でも部下のせいにして自分は逃げようとしてしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会社によってはこんな社長(経営者)がいらっしゃいます。

外部からコンサルタントを招いたとき、自分だけでなく他の役員や管理職も集めて一緒に話を聞こうとされる社長さんです。

でも、最初はこれをしないほうがベターです。

最初は1:1(外部コンサルタントと社長)で話をして、互いに方向性を確認し、共通の価値観や目標を設定することが大切です。

最初から多くの人を集めるのは、多分時間がもったいないから「うちの若い連中にも話を聞かせよう」という親心なのですが、ここで気をつけるべきことが一つあります。

その社長がコンサルタント側に立って自社の幹部社員に「さあ、君たち、○○先生の話をよく聞くんだよ」とやってしまうことです。

違います。

本当によく聞くべきなのはその社長自身だからです。

また話の最後に「みんなよくわかったか?」と社長が言ってしまうのもNGです。

これも同様に一番わかっていなければいけないのは社長自身だからです。

こういう社長はワンマン社長に多いです。

当事者意識が欠けているので、第三者的に傍観者のように聞いてしまうクセがあり、結局話を一番理解しなければいけない当事者なのにそこから逃げてしまう・・・という落とし穴にはまっています。

その姿勢が「現状の良くない社内環境」をつくりあげてきている!・・・と気づくことが大事なのに、なかなか気づかない!・・・・・・だからうまくないのでしょうね。

そう考えると、やはりトップの意識から変えていくことが一番であり、組織はトップ(とNo.2)で決まる!・・・です。

企業再生のためには、社長が見栄を張りたい気持ちを抑え謙虚になって自らが変革していく姿勢が大切です。

会社で起きていることのすべての責任は私にあります・・・と背負えるだけの気概と勇気を持つことが経営リーダーには必要だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…
  2. 2017-11-26

    65歳で1億円の預貯金を目指すよりも・・・

    かつての時代は「老後を迎えるまでにいかに多くの貯蓄をするか?」・・・が勝負の時代でした。 そし…
  3. 2020-2-23

    お金の心配がないことで変わること

    経済的に自由な状態にあるということは、「多少のお金のことなら心配がない」というだけのことなのですが、…
  4. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…
  5. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  6. 2017-1-10

    労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

    仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。 …
  7. 2018-9-23

    【重要】あなたが得る収入の「本質」とは?

    よく言われることですが、人生で大成功をする人というのは自分のことだけではなく、他人も成功したり幸せに…
  8. 2018-7-16

    レバレッジを使いこなせる人間になろう!

    初めは人類よりも魚類のほうが海の中にたくさん潜ったり泳いだりすることができました。でも、今では潜水艇…
  9. 2018-3-8

    【重要】貯金を「必要経費」と思い込む

    貯金ができない人には共通点があります。 それは、「給料が入ってもそこからすぐに貯金分を取り分け…
  10. 2018-6-6

    紀州のドンファン殺人事件/遺言書を書くべき人たち

    和歌山県田辺市の会社経営者/野崎幸助さん(77)が自宅で死亡していた件・・・が、今マスコミを賑わせて…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る