社員が辞めない企業体質が大事です

就職したばかりの若いサラリーマンの中には自分には合っていない・・・と仕事を悩み、苦しみ、「退職・転職」の道を選択する人がいます。

問題は、その数や率です。

たとえば、4月に10人の新入社員が入社して3か月後の7月にはゼロになっているような会社は、そもそも何かがおかしい!・・・と反省・改善をすることが必要です。

辞めていく社員が悪い、会社に馴染めない社員に問題がある・・・といえばそれまでなのですが、リーダーがそういう考え方だといつまで経っても社員の定着率は良くならないと思います。

別に社員の定着率を上げようと思って経営をしているわけではない・・・と言えば確かにそのとおりなのですが、少し見方を変えると採用のための募集広告費や入社後の研修教育費(まあ研修教育をしていないかもしれませんが)だってバカにならないと思います。

辞めていった社員が、今後は自社の見込み客になる場合もありますから、反対に悪評を広められたら大変です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社員が辞めない/辞めようとは思わない企業体質にしていく努力が大切です。

社員が辞めるのはもちろん社員本人に問題があると思いますが、それだけではなくてやはり辞めざるを得ない状況にまで追い込んだ会社側や組織側にも問題はあると思います。

それには、採用の段階からすでに「社員を辞めさせない」という意識をリーダーが持っているかどうかも重要なポイントです。

どうせ使い捨てだ・・・一人でも残ってくれればいいや・・・という発想では、いつまで経っても採用→退職→再採用・・・の繰り返しです。

リーダーや経営者はたいてい40代~70代の昭和を生きてきた世代ですが、今採用しようとしている世代はそのほとんどが平成生まれの世代のハズです。

いわゆる「ゆとり世代」です。

そこにも大きな意識・価値観のギャップが存在していると思います。

社員が会社に歩み寄ることが大原則ですが、加えて会社側も社員に歩み寄る姿勢を持つことが重要です。

社員の人生観を大切にして、時間的なゆとりを与え、コミュニケーションを密に取ってお互いの考えのズレを補正し、仕事を教材に仕事を教えるようなつもりで長幼の序を活かすことも大切です。

マネジメントは奥が深いものですが、言えるのは「相手(社員)を大切に扱う想いを持つ」ことだと思います。

自社の社員を育てよう、大切にしよう、としない会社に未来はない・・・と思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-30

    欲をかかなければ老後の20万円収入はカンタンに手に入ります

    銀行預金にお金を置いておいてもほとんど利息はゼロ円の時代です。 老後の生活費を貯金の取り崩しで…
  2. 2015-8-17

    サラリーマン必読!「賃貸派」と「購入派」どっちがお得?

    若い頃でバリバリ働いているときは、借家住まいでも良いと思うのですが、サラリーマンが定年となりいわゆる…
  3. 2018-7-24

    成功法則を読んでも多くの人が成功できない理由とは?

    世の中には数多くの「成功本」と呼ばれる書籍があります。つまり、「成功するにはどうすれがいいか?」とい…
  4. 2017-10-21

    選挙で当選させてあげたい人

    明日(2017年10月22日)はいよいよ総選挙ですね。 衆議院選挙は全員の選挙なので「総選挙」…
  5. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  6. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…
  7. 2017-8-21

    昨日まではうまくいっても、今日はうまくいかないこともあります

    「昨日までの成功方法が今日からの失敗方法に変わることもある」・・・と思います。 なぜなら、時代…
  8. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  9. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  10. 2016-11-25

    資産が生み出すお金で生活をする、という発想

    お金に色はついていない・・・とよく言われます。 サラリーマンが会社からもらう給料というお金も、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る