管理職になりたての若いリーダーへ

4月の人事異動で、これまでの非管理職から出世して晴れて「管理職(リーダー)」になった人もいると思います。

そんな人も6ヶ月間の管理職経験から自分なりに何かを感じ始めている頃かもしれません。

出世すれば当然給料も増えますが責任も増すので、そのバランスの受け取り方にちょっとした違和感を感じているかもしれません。

部下を持ったわけですから、管理職初心者は、これまでの「個人」で仕事をする意識から「チーム」で仕事をする意識に頭の中を切り替えていることが必要です。

・・・・・・・・・・・・・

夏目漱石の『草枕』にある言葉、

「智に働けば角(かど)が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角(とかく)に人の世は住みにくい」

・・・というのは有名です。

会社で部下を持つ立場の人は、さしずめ

「部下に厳しく当たれば角が立つ。甘く接すればなめられる。ハラスメントを気にしすぎて窮屈だ。兎角に部下を扱うのは難しい」

・・・とでもいったところかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・

名選手、名監督にあらず・・・という言葉があります。

本当にそのとおりで、現役プレーヤーとして自分が活躍して結果を出すのと、自分は管理職の立場になって部下を活躍させる(結果を出させる)のとでは大違いです。

自分にはできたことも部下にはできない・・・ということがいくらでもあるからです。

自分にはどうってこともなかったことが、部下にはいちいち行動の妨げになったり、やる気を失う原因になったりする・・・。

いくら名選手であっても、人を動かして求める結果を導くのには「別の能力」が必要で、それがないことには「名監督」にはなれません。

逆に、現役時代はパッとしなかったけど管理職になったら名監督と呼ばれるようになった・・・という人もいます。

大事なのは、「自惚(うぬぼ)れないこと/謙虚に仕事を行なうこと」です。

人生は長い道のりで、今日・明日で人生が終了するわけではありません。

仕事も人生も、今日・・・今週・・・今月・・・はうまくいかなくても、「今年トータル」で見ればうまくいっているかもしれないし、今年はダメでも3年間で見ればうまくいっていると言えるかもしれません。

常に自分の立場・ポジションを正しく弁(わきま)えて、求められている結果を導くために何をどうすれば良いのか?を考え、試行錯誤をしながら実践していくことが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  2. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  3. 2018-3-30

    【重要】お店商売の極意とは?

    お店商売では、お客さまに関して最低でも次の2つのことを考えて商売することが大事です。 その2つ…
  4. 2018-1-3

    【未来予測】2019年から2020年にかけて留意しておくべき事

    東京都の小池都知事がやたらカタカナ言葉を使いたがることを多くの人は知っています。 都民ファース…
  5. 2017-3-22

    【重要】子どもがアパートを借りて一人暮らしをするときに私が行なった事

    今から5年前の話ですが、うちの息子は東京都内の国立大学に進学して、自宅から十分に通学可能であるにもか…
  6. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  7. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  8. 2017-5-24

    【重要】「人生お金がすべてではない」とは誰が言う言葉なのか?

    「お金(給料・報酬)で仕事を選ぶ人」は、結局のところ、お金を向いて自分の行動基準を設定しています。 …
  9. 2018-1-2

    「18歳」←と→「81歳」

    2018年がどういう年になるかわかりませんが、21世紀になって早や18年・・・です。 何でも「…
  10. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る