管理職になりたての若いリーダーへ

4月の人事異動で、これまでの非管理職から出世して晴れて「管理職(リーダー)」になった人もいると思います。

そんな人も6ヶ月間の管理職経験から自分なりに何かを感じ始めている頃かもしれません。

出世すれば当然給料も増えますが責任も増すので、そのバランスの受け取り方にちょっとした違和感を感じているかもしれません。

部下を持ったわけですから、管理職初心者は、これまでの「個人」で仕事をする意識から「チーム」で仕事をする意識に頭の中を切り替えていることが必要です。

・・・・・・・・・・・・・

夏目漱石の『草枕』にある言葉、

「智に働けば角(かど)が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角(とかく)に人の世は住みにくい」

・・・というのは有名です。

会社で部下を持つ立場の人は、さしずめ

「部下に厳しく当たれば角が立つ。甘く接すればなめられる。ハラスメントを気にしすぎて窮屈だ。兎角に部下を扱うのは難しい」

・・・とでもいったところかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・

名選手、名監督にあらず・・・という言葉があります。

本当にそのとおりで、現役プレーヤーとして自分が活躍して結果を出すのと、自分は管理職の立場になって部下を活躍させる(結果を出させる)のとでは大違いです。

自分にはできたことも部下にはできない・・・ということがいくらでもあるからです。

自分にはどうってこともなかったことが、部下にはいちいち行動の妨げになったり、やる気を失う原因になったりする・・・。

いくら名選手であっても、人を動かして求める結果を導くのには「別の能力」が必要で、それがないことには「名監督」にはなれません。

逆に、現役時代はパッとしなかったけど管理職になったら名監督と呼ばれるようになった・・・という人もいます。

大事なのは、「自惚(うぬぼ)れないこと/謙虚に仕事を行なうこと」です。

人生は長い道のりで、今日・明日で人生が終了するわけではありません。

仕事も人生も、今日・・・今週・・・今月・・・はうまくいかなくても、「今年トータル」で見ればうまくいっているかもしれないし、今年はダメでも3年間で見ればうまくいっていると言えるかもしれません。

常に自分の立場・ポジションを正しく弁(わきま)えて、求められている結果を導くために何をどうすれば良いのか?を考え、試行錯誤をしながら実践していくことが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-10

    労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

    仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。 …
  2. 2019-6-5

    【重要】投資は必ず「頭金」を用意してから行なう!

    金融投資というのは、文字どおり「資金」をまずは「投じて」、後々に「投じた資金以上のお金を回収すること…
  3. 2017-2-12

    人生が輝いているときに見受けられる「ある共通点」とは?

    人はみんな1日24時間という枠組みの中で、眠ったり起きたりして生きています。 人生にはこの「眠…
  4. 2017-8-7

    金のなる木/金の卵を産むガチョウ

    世の中には、今の自分の収入を見て将来に不安を感じる人もいれば、あまり不安を感じないで生きている人もい…
  5. 2018-6-11

    【注意】無用なアドバイスは価値観の押し付けになる

    人は他人に何かを教えてあげたり、アドバイスをすることに喜びを感じます。 アドバイスできるのは、…
  6. 2017-9-27

    欲しいモノがあるのに、お金がないとしたら・・・

    何か(商品・サービス)を欲しいなら、お金を出して購入すれば誰でも手に入れることができます。 と…
  7. 2021-2-16

    300万円の元手で車を買うなら…?

    仮に今自分が300万円を貯金していて、特に使い道が決まっていないと仮定します。 …
  8. 2017-10-7

    新規ビジネスのチャンスを見つけるヒント=「不」の効用

    ビジネスは「まず顧客ありき」で、「顧客=需要」が必要です。 その需要を見つめるためのヒント、す…
  9. 2018-7-27

    【自己診断付き】歳をとったら「フレイル」に要注意!

    元気な人も歳を取り、いつか元気でなくなっていきます。 残念ですが、人間である以上仕方のないこと…
  10. 2019-3-19

    なぜ、不動産投資をするのか?

    世の中では「理由」で動く人のほうが多いですが、私は「目的」で動くほうが大事だと思っています。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る