話が面白くないリーダーの傾向とは?

会社のリーダーがみんなスーパーマンではありません。

つまり、何でもできるわけではない!・・・ということです。

得手・不得手というのは誰にでもあります。

リーダーの中には人前で話をさせたらアカン!・・・という人もいたりします。

つまり、人前で話をするスキルが不足しているリーダーです。

そういう人が陥るワナは、聞いている人全員に「自分の言いたいことだけを話そう」として、しかも「脈絡のないストーリー展開」で話してしまうことです。

そういう話はつまらないものです。

話す側のリーダーがそもそもつまらなそうに話をしていたらもう最悪ですね。

当の本人がつまらないのでは、まったくもってつまらない話になるだけです。

ここで大事なのは「相手の聞きたいことを交えて自分ならではの話をする」ことや「論理的、もしくは起承転結など軸のあるストーリーで話す」ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまらない話の一つに「同じ単語、表現が繰り返し出てくる」ということがあります。

一度聞けば分かることを、何回も繰り返し聞かされると、人は耳にシャッターを降ろしてもうそこから先は聞きたくないなあ・・・と感じてしまいます。

また、聞いている側からすれば「自分が好感を持っていない人が話す自分の興味・関心の無い話」ほどつまらないことはありません。

リーダーに人望があって、人格者として尊敬を受けているような人なら、聞いている人はそんなにつまらない話だとは受け取りません。

つまらない話しだと受けとめてしまうとき、それはもしかしたら、そもそも人間的にあまり尊敬されていないリーダーなのかもしれません。

リーダーは人を目的の方向に向かって引っ張って行くことが大切ですから、嫌われるような人だとリーダーとして不向きです。

ある程度の人間力を備え、部下や周りの人からある程度の好感を得ている人物であることが必要です。

話力には営業力のエッセンスが含まれています。

営業経験(実績)のある人のほうが話がうまいと言われるのはそうした背景があるからかもしれません。

話術・・・やたあ!を意識することも大切ですね。

■参考
『話が面白いと感じる「や・た・あ」話術』(2015年5月25日)

http://ameblo.jp/superameba/entry-11937285973.html

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-18

    【重要】「収益還元法」による不動産投資の考え方

    不動産投資を行なう人は、当然のことながら自分が投じる資金を元にして「収入を得たい」と思っています。 …
  2. 2017-9-10

    「努力」はなぜ大切なのか?→「◯◯」を得るためです

    よく言われることですが、旅客機が目的地へ向かって飛び立つとき、横にたった1度の差が出てズレて飛ぶと最…
  3. 2017-11-26

    65歳で1億円の預貯金を目指すよりも・・・

    かつての時代は「老後を迎えるまでにいかに多くの貯蓄をするか?」・・・が勝負の時代でした。 そし…
  4. 2017-1-21

    エビでタイを釣る/返礼品でお金持ちを釣る/ふるさと納税

    「ふるさと納税」は前々からありましたが、テレビでこれほど宣伝されるのはつい最近になってからのような気…
  5. 2018-6-15

    努力という土台の上に「運」が舞い降りてくる

    秋元康さんが以前こんなことを言っていました。 僕は38年間、スターと呼ばれる人たちを見てきまし…
  6. 2021-12-30

    【重要】休むも相場

    20世紀前半のアメリカ・ウオール街で「グレート・ベア」の異名をとった投資家ジェシー・リバモアはあると…
  7. 2019-11-23

    自分年金の取り掛かりは少しでも早く行動を!

    2019年7に厚生労働省が発表した平成30年版(2018年版)の「国民生活基礎調査の概況」によると、…
  8. 2017-6-18

    砂糖を入れたハズなのにコーヒーが甘くない・・・とき

    私はコーヒーが好きで、毎朝コーヒーを飲まないと、その日の調子が悪くなってしまう・・・と自分で勝手に妄…
  9. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  10. 2019-5-3

    説教をするお金持ちはニセモノ

    ある程度の人格者であるお金持ちは「自ら進んで他人に説教をする」なんてことは決してしません。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る